FOMCは利上げ先送り。予想の9月までもう一丁いっとく?

スポンサーリンク

利上げは先送り

7月26日27日に行われたFRBの金融政策を決める会合FOMC。焦点だった利上げですが、先送りされました。

これは予想していた通りの結果です。

 

次の利上げは9月か

こうなると注目は次の利上げはいつ行われるかです。

2016年に行われる残りのFOMCは9月11月12月の3回です。このうち会合後にイエレン議長の会見があるのが9月と12月です。会見がある月は注目が集まります。

現在の予想では次の利上げは9月か12月が大半の予想です。11月はアメリカ大統領選と重なるので可能性は低いです。

今回のFOMCの声明では、

「景気見通しへの短期的リスクは弱まった」

として、年内利上げの可能性を残しました。

イエレン議長は金融政策の進め方には非常に慎重です。リスクが予想されれば避けて通ります。

先月の雇用統計は回復しましたが、5月の雇用統計は大手通信会社のベライゾンのストライキの影響で数字が大幅に落ち込みました。さらにイギリスのEU離脱も予想外の展開だったため、その影響を見極めたい思いがあったのかもしれません。石橋を叩いて渡っていますね。

ただイギリスのEU離脱は、今のところアメリカ経済に大きな影響を及ぼしていません。ニューヨークダウも高値を試す展開が続いています。

景気の先行きを数値化した「恐怖指数」と言われる『VIX(ボラティリティ・インデックス)』は低い数値です。この数字は低ければ強気。高ければ弱気を表します。低ければ危ないリスクは感じられないということで、「どれどれ投資しようかな」という感じで理解していただければいいです。

VIX 恐怖指数

出典:Volatility S&P 500 | S&P 500 VIXインデックス(VIX)

 

参考までに2008年のリーマン・ショックは40ほどでした。

次の利上げを9月と予想するのは時期尚早かもしれません。実際9月の利上げ予想は20%にも届いていません。

CME FFレート

出典:Countdown to FOMC – CME Group

ただ9月までまだ2カ月あります。この2カ月で状況がどう変わるかなんてわかりません。

 

やっぱりゴールドだ

ならば9月まで利上げがないことがわかっているので、もう一丁いくものいいですね。

なにがいいかって? やっぱりゴールドですかね。利上げ先送りで金価格はバビョン。7月の高値を目指しています。

金価格 チャート

出典:金 価格-Investing.com

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。