ゴールドマンとモルガンSで異なる見解。新旧債券王は「Youたち売っちゃいなよ」

スポンサーリンク

今後の流れをどう見てる

8月5日に発表された米雇用統計は強い内容でした。

この結果を受けて、2015年12月に利上げされて以来、行われていなかった利上げが近いのではと、利上げ観測が再熱しました。

早ければ9月。遅くても12月に利上げが行われるのではといわれていますが、はたしてどうでしょうか。

どちらにしても年内、2016年に一度、利上げは行われると考えられます。

ただあくまでもイエレン議長が納得できるデータが今後揃うことが条件となります。

 

ゴールドマンとモルガンのドル

ドルは堅調に推移しています。

ゴールドマンの主任通貨ストラテジスト、ロビン・ブルックスは、2016年年末までの利上げ確率を65%から75%に引き上げました。

さらにドルに強気です。

ロビン・ブルックス:
米金融当局は市場が織り込む以上に政策金利を引き上げるとする予測に基づき、当社の構造的なドル強気に変わりはない。

とリポートしています。

反対にモルガン・スタンレーの為替戦略責任者、ハンス・レデカーはリポートで、

ハンス・レデカー:
(ドルへの支援は)長く続かないだろう。米金融当局は実質金利の先制的な上昇を容認する意図はなさそうだからだ。米経済が年末にかけてスピードを落とすという当社の予測に変わりはない。

としています。

出典:NY外為:ドル堅調、ゴールドマンが買い推奨-モルガンSは慎重 – Bloomberg

 

ゴールドマンとモルガンSで見解が異なっています。

写真は2016年8月9日現在の3カ月ドル円チャートです。少し見づらいですが、8月の雇用統計後にドル円は上昇し始めています。

ドル円 チャート

出典:JPY=X : Summary for USD/JPY – Yahoo Finance

 

「You 売っちゃいなよ」

男 指差し
著作者:lwpkommunikacio
株と債券市場では、債券王と呼ばれるビル・グロスとジェフリー・ガンドラッグの二人はいずれも同じ意見です。

債券運用大手ピムコの創設者で旧債券王と呼ばれているビル・グロスは、

ビル・グロス:債券も株も魅力なし。

ダブルライン・キャピタルの共同創業者で新債券王といわれるジェフリー・ガンドラックは、

 ジェフリー・ガンドラック:(持っている株は)すべて売れ!
と警鐘を鳴らしています。

出典:パリバ・ショックから9年目の日。安心感が漂うマーケットには改めて注意が必要! | 市場調査部エクスプレス Today’s Flash! | マーケット情報 | M2JFX – マネースクウェア・ジャパン

 

債券や株式市場にネガティブな意見もあるので気に留めておいて損はありません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。