Uberのヘアメイク版グラムスクワッド(GLAMSQUAD)は女性をセレブ気分にしてくれる

スポンサーリンク

グラムスクワッドとは

ゆるい風が窓から入り込む天気のいい朝。ゆったりとイスの背にもたれる。

メイクがアイシャドウを塗り、美容師は髪をセットする。

イスに座っているのは特別な世界の人間ではない。あなただ。

グラムスクワッドとは自宅や職場にいながらヘアメイクサービスを受けられる、Uberのヘアメイク版。

 

自宅にいながらプロのサービス

豪華な住宅の一室でセレブな女性が専属のスタイリストにヘアメイクをしてもらっているのをテレビなどで観たことないでしょうか。あのサービスを受けてみたいと思っている女性も多いかもしれません。しかし自分はそんな身分では…。

2014年、プロのスタイリストアが自宅や職場に出向いてヘアメイクをしてくれるサービスを立ち上げたスタートアップ企業『グラムスクワッド』。

カットとカラーはせず、ブロー、スタイリング、ヘアメイクまでを行ってくれるサービスです。

利用者はスタイル一覧から希望するヘアとメイクを決めます。希望の場所と日時を決め、支払いを済ませれば完了です。

料金はヘアが50ドルから。メイクは75ドルからとなっています。割高と感じるかもしれませんが、自宅にいながらプロのサービスが受けられると考えればどうでしょう。

GLAMSQUAD ヘアメイク

スタイルメニューが写真とともに掲載されていて、希望のものを選べます。

GLAMSQUAD ヘアメイク

日常のスタイルだけではなく、ブライダル用のスタイリングも用意されていて、メニューは豊富です。

 

ウーバーモデル

グラムスクワッドを立ち上げたアレキサンドラ・ウィルキス・ウィルソンはタクシー配車アプリのウーバーからヒントを得て、『ウーバーモデル』を美容業界で転用できるのではと考えたことが企業のきっかけだとしています。

アプリを使って手の空いている美容師を呼び施術してもらうという手軽さが受けて、売上げも順調に伸びているようです。

 

現在はアメリカのみのサービス

残念ながらグラムスクワッドのサービスはニューヨークやロサンゼルス、マイアミで展開していますが、今後は15都市にサービスを広げる予定です。

世界ではこのような『ウーバーモデル』を転用しているサービスが多いですが、日本ではなぜか流行りません。個人的にはこれからの新しい働き方のモデルケースであるとは思うのですが、日本では安全性や防犯の観点から難しいのかもしれません。

 

(画像出典:GLAMSQUAD | An on-demand, in-home beauty service in NYC, LA and Miami

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。