2016年8月21日

NEWS

ウーバー(Uber)が買収した長距離トラック自動運転化の米オットー(Otto)

自動運転はもう未来の出来事ではありません。すぐにでも現実になりつつあります。アメリカの配車サービスのウーバー(Uber)は、2016年サンフランシスコで創業したスタートアップ企業のオットー(Otto)を買収すると発表しました。オットーとは大型トラックの自動運転装置を開発している企業です。