【資産運用】取引はなしよ。ジャクソンホールで利上げ観測強まる

スポンサーリンク

ジャクソンホールの結果

8月26日にジャクソンホールで経済シンポジウムが行われました。利上げ観測が強まった模様です。

 

9月利上げとソロスの警戒が気がかり

保有株はGEのみで変わりありません。

以前保有していたディズニーの株価はずるずると下げています。

金鉱株のハーモニー・ゴールド・マイニングも一度売り抜けて正解でした。現在は高値から大きく下落しています。

一度というのは長期的にゴールドの価格は上昇すると思いますので、どこかの時期に再度購入を考えています。短期的には下落すると思います。アメリカの利上げが現実的になれば株全体も下落します。

 

利上げを臭わすジャクソンホール

8月26日にアメリカ、ワイオミング州のジャクソンホールで年次経済シンポジウムが行われました。

イエレン議長は「引き続き堅調な労働市場やアメリカ経済の先行き。インフレ率を考えれば利上げへの論拠が強まってきた」として、「政策金利は段階的に上昇させてゆくことが妥当である」とも述べました。9月の利上げに可能性を残す結果と言えそうです。

ただ、イエレン議長は利上げには慎重なので、9月までに思い描いているような数字が揃わなければ早期利上げは行わないとも考えられます。その一つには雇用統計があるのは間違いないでしょう。

 

タカではなくハトか

今回のイエレン議長の言葉からすると利上げへ強気ともとれますが、ニューヨークダウや金価格は下落したもののほぼ横ばいとなっています。

ニューヨークダウ 株価チャート

8月26日のダウ終値

金価格 チャート

8月26日の金価格の終値です。

出典:https://finance.yahoo.com/

 

本来利上げが行われることになれば株や金価格は下落するのが基本です。しかしジャクソンホール後はほぼ横ばいです。タカではなくハトと市場は解釈したのでしょうか。

為替ではドルが買われ円が売られました。

ドル円 為替

出典:https://finance.yahoo.com/

 

もし9月に利上げが行われなければ次の可能性として11月になりますがアメリカ大統領選があるため可能性としては低いです。

そうすれば2016年は12月が最後のチャンスとなります。ここまでくればイエレン議長が気にしている数字も揃っていると考えられます。第3四半期のGDPも発表されています。

2016年はアメリカの利上げは少なくても1回はあると考えられます。この利上げで市場はどのように反応するのか。ソロスの危惧は今回も的中するのでしょうか。

 

(アイキャッチ画像/出典:米FRB議長「利上げ論拠強まった」、9月の可能性も | ロイター

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。