2016年9月15日

NEWS

ウェルズ・ファーゴが1位の座から転落。不正は悪いが、ノルマも悪?

アメリカの銀行最大手で業界1位の時価総額だったウェルズ・ファーゴが、強引な営業活動をおこなったとして米議会での証言を求められたと報道され、同社の株価が大きく下落しました。CNNによると、ウェルズ・ファーゴは顧客の許可のないまま口座を開設したりクレジットカードを発行したりする不正行為があると指摘。