日銀会合の次はFOMC。米軍はB1を韓国へ。父ブッシュはヒラリー支持て

スポンサーリンク

混沌

 

9月20、21日と日銀の金融政策決定会合が行われました。

さらにアメリカの利上げを決めるFOMCもありました。

気になったニュースでは米軍のB1爆撃機が韓国へ。

そしてアメリカ大統領選で、あのパパブッシュが自身の共和党ではなく民主党候補のヒラリーを支持すると伝えらました。

 

日銀政策転換

9月21日、アメリカのFOMCに先立ち日銀の政策決定会合が行われました。

内容は、

  • 年80兆円の国債買い入れペースを維持しながらも、増減はあり得る。
  • 10年国債の利回りが0%程度で推移するように買い入れを行う。
  • インフレ率が目標の2%を超えるまで金融緩和を続ける。

こういったところでしょうか(すみません。日本のことはあまり理解していません)。

この発表で円安、株高へふれましたが、ドル円は再び円高へ向かいました。

ドル円チャート

出典:http://jp.investing.com/currencies/usd-jpy

 

黒田さんは80兆円の買い付け額の増減についてテーパリング(縮小)ではないとしていますが、増減は簡単に言えば長期金利をあげるため国債購入の減額を行うためでしょ。

そもそも年間80兆円ペースで国債購入を続けていたら来年には国債そのものが不足するっていわれてます。

ただし「減額するよ」なんていったら市場に与えるリスクが大きいから言えないでしょうね。

そして相変わらず呪文のような物価目標2%。この数字意味あるんですかね。

すでに成長して成熟してる先進国なんだから0〜1%でもいいと思いますよ。黒田さんも声に出して言えないだけで、実は難しいてわかっているんじゃないですかね。ただ市場が混乱しちゃうから掲げた旗は下げられません。

 

アメリカ利上げ見送り

9月21日の米連邦公開市場委員(FOMC)でアメリカの利上げは見送られました。

ただ今回は好調なアメリカ経済と雇用回復が進む中での利上げ見送りでしたので、この先に発表される数字がよいものであれば、12月に利上げが行われる公算が高くなりました。

イエレン議長は記者会見で利上げの必要性を示したうえで、目標達成のさらなる証拠が表れることを待つ、としました。

「7対3」

10人の投票メンバーのうち、利上げを主張して反対したのは3人でした。

この数字は異例ということです。3人が反対票を投じたのは2014年12月以来ということで、FOMC内でも意見が分かれているのが伺えます。

これを踏まえれば12月利上げの可能性は高くなりました。

なお11月も利上げを行うことが可能ですが、11月は会合後の議長会見がないことと、注目の米大統領選の一週間前ということで、ここで大きなイベントを起こすことはまず考えられません。なので年内であれば12月ということになります。

CME FF

出典:Countdown to FOMC – CME Group

 

FFレート先物では12月の利上げ確率は51.9%と利上げの可能性が高いことを示しています。

 

気になった話題

B1爆撃機韓国へ

f:id:wabisukenouta:20160922202605j:plain

 

アメリカは北朝鮮が行う核実験と、長距離弾道ミサイル発射をけん制する狙いとして9 月13日にB1爆撃機を米領グアムのアンダーセン航空基地から発進させ韓国上空を飛行させました。

さらに9月21日にはB1爆撃機2機を韓国・ソウル郊外にある空軍基地上空を飛行させ、そのうち1機を着陸させました。韓国上空を飛行させることはあっても着陸するのは異例のことです。

B1爆撃機には大量の精密誘導爆弾が搭載可能で、有事には北朝鮮指導部に打撃を与えることが可能です。

アメリカは北朝鮮の動きを警戒しています。

パパブッシュがヒラリー支持

こちらのニュースも気になるところです。

CNNによれば、ジョージ・H・W・ブッシュ元アメリカ大統領が超党派財団の役員らが出席した会合で、アメリカ大統領選本選では共和党候補のドナルド・トランプではなく、民主党候補のヒラリー・クリントンに投票する考えを示していたことがわかりました。

出典:CNN.co.jp

 

ジョージ・H・W・ブッシュはパパブッシュのほうです。パパもジュニアも共和党の元大統領でした。そのパパブッシュが共和党候補ではなく民主党候補に投票することは異例であることは言うまでもありません。

この件についてはあくまでもプライベートなトークであり、公な内容ではないということですが、まったくデタラメな話ではなさそうです。トランプにとっては思いもよらない批判かもしれませんが、それだけトランプが大統領になられては困るということでしょうか。

しかし、大統領選挙の支持率はヒラリー・クリントンとドナルド・トランプ拮抗しています。まさに混沌とした状態になっています。

 

雑感

日銀の会合後、日経は株高で終わりましたが、現在ドル円は円高へ向かっています。このまま円高に向かい近いうちに100円切るかもしれません。

そして利上げを見送ったFRBですが、ここから年末に向けて市場は軟調になるかもしれません。12月利上げ確率が高いのであれば、ドルは買われ、株は売られます。わかっていて株は取引がしづらい状態が続きます。

難しいのは円高になるのかドル高になるのかです。12月手前まで円高になり、その後はドル高ですかね。

そして米軍の爆撃機。これが北朝鮮を刺激しなければいいのですが、将軍様は俄然やる気を起こすかもしれません。きな臭いですな。

さらにパパブッシュ。どういうこと。どこまでトランプ嫌われてるんだよ。身内のはずの共和党からもここまでいやがられるなんて。だけどヒラリーとは拮抗した争いなんですよね。

これマジでトランプ大統領になったらどうなるのよ。アメリカ!

 

(アイキャッチ画像/出典:http://jp.reuters.com/article/fed-fomc-interviews-idJPKCN11R2LM

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。