【IPO】注目のJR九州。米ではスナップチャットが2017年に?

スポンサーリンク

日米注目のIPO

 

年末にかけて日本ではIPOが盛り上がり始めます。

10月は注目の『九州旅客鉄道(JR九州)』が上場予定です。LINE以来となるお祭り銘柄、さらにはLINE以上の規模となる予定です。

遠くはなれたアメリカでは、あの消えるアプリ『スナップチャット(スナチャ)』が早ければ2017年3月あたりに上場を計画していると伝えられました。

 

2016年11月IPO

11月のIPOは前回と変わらず2社のみとなっています。これから増えていくと思われます。

上場日 銘柄名 市場 BB期間 仮条件 公募価格 初値
11/1 バロックジャパン
リミテッド
東未定 2016/10/17〜
2016/10/21
11/1 岐阜造園 名2 2016/10/14〜
2016/10/21

 

2016年10月IPO

10月一発目のキャピタル・アセット・プランニングは初日に値付かずで終了しました。人気銘柄でしたので強気に予想されていました。

そしてJR九州は仮条件が決定。BB期間に入りました。

上場日 銘柄名 市場 BB期間 仮条件 公募価格 初値
10/27 アイモバイル 東M 2016/10/11〜
2016/10/17
1220〜
1320円
10/25 九州旅客鉄道 東未定 2016/10/7〜
2016/10/14
2400〜
2600円
10/21 ユーザーベース 東M 2016/10/4〜
2016/10/11
 2190〜
2510円
10/17 マーキュリア
インベストメント
東2 2016/9/29〜
2016/10/5
1400〜
1450円
 1450円
10/12 KHネオケム 東未 2016/9/23〜
2016/9/29
 1330〜
1670円
 1380円
10/7 キャピタル・アセット
プランニング
JQS 2016/9/20〜
2016/9/27
1960〜
2000円
 2000円

JR九州の仮条件決定

想定価格は2450円でしたが仮条件は2400円〜2600円となりました。超大型ですが強気な結果です。

もし上限価格の2600円で決まれば、吸収金額は4100億円台となります。

ぜひとも当選してお祭り騒ぎに参加したいですね。

 

スナップチャットがIPO?

人気が急上昇しているアメリカのSNSスナップチャットが早ければ2017年3月ごろにIPOを計画していると伝えられました。

スナップチャットは社名を『スナップ』と変更。上場に向けては必要書類を準備している段階としています。

ただ上場に関しては慎重で、2016年のアメリカ大統領選の結果や、中国や世界情勢などに左右されれば確実なIPOではなくなるようです。

スナップの評価額は250億ドル、日本円で約2兆6000億円に上る可能性があるとしています。これは前回行った資金調達時の178億ドルの評価額を大幅に上回るものでプレミアムがついたことになります。

2016年の売上高の見通しは2億5000万ドルから3億5000万ドルとなる予定で、2017年にはなんと10億ドルまで膨れ上がる可能性があるそうです。

2016年になりアメリカの新興ハイテク企業のIPOは順調です。

2016年6月、音声通話ツールをクラウドベースで提供する『トゥイリオ』が上場。初日終値が公募価格15ドルを90%以上高騰するという結果となりました。

9月にはITインフラ提供の『ニュータニックス』が上場。公募価格より130%の上昇。

そして10月6日にクラウド型ソフトの『クーパ』が売り出し価格18ドルで上場。株価は100%超の高騰となりました。

勢いそのままにスナップのIPOは実現するのでしょうか。楽しみです。

 

(アイキャッチ画像/著作者:Neil_Scottuk)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。