【NEWS Pickup】米討論会。ノーベル賞。その後のツイッター情報など

スポンサーリンク

気になるニュースをPick up!

 

今週もいろいろありました。

タイのプミポン国王が逝去。醜い米討論会。日本ではソニーが「プレイステーションVR」を発売。ソフトバンクグループがサウジアラビアとファンドを設立など。

気になるニュースを個人的にまとめてPickup!

 

10月10日〜14日の情報

10月10日

タイのプミポン国王が血液透析を受けたあと、様態が不安定に。

米大統領選の第2回討論会が行われ、共和党のドナルド・トランプ氏の女性蔑視発言を民主党のヒラリー・クリントンが追求。

討論会は批判合戦となり、「史上最も醜い討論会」と報道された。

ドイツ銀行株が3%超の下落。米司法省と合意せずの報道を受けて。

ノーベル経済学賞に契約理論のオリバー・ハート氏とベント・ホルムストローム氏が決定。

ツイッター株が12%下落。買収に手を挙げていた各社が買収を行わないと報道されたことを受けて

ロシアのプーチン大統領がOPECの減産合意に参加する用意があると述べる。

米製薬会社ブリストル・マイヤーズ・スクイブの肺がん治療薬「オプジーボ」が有意な臨床結果を出すことができず劣勢に。再びメルクの治療薬に注目とロイター。

 

10月11日

韓国のサムスン電子が問題になっている「ギャラクシーノート7」の販売と交換を停止。すべての消費者に電源を切り使用を中止するように求めた。

タカタがエアバッグ問題をめぐる巨額リコール対応で、米連邦法破産法の適用も視野。

サウジアラビアの国営石油開会社サウジアラムコが2018年にIPOを目指す方針。

日銀の国債保有残高が400兆円を超え、国債発行残高のおよそ4割りに達する。

ソフトバンクグループ傘下の米スプリントが低所得者の米高校生100万人に携帯端末を提供する計画。

 

10月12日

トヨタとスズキが環境、安全、情報技術などで業務提携を検討していると発表。

米アマゾンが定額制の音楽配信サービスを新たに発表。同社が提供している人工知能スピーカー「エコー」があれば、3.99ドルで楽曲を視聴可能。

OPEC加盟国の9月の産油量は2008年以来の高水準となる3339万バレル。OPEC全体では今後減産に合意しているが、非加盟国の増産が進めば供給が拡大する可能性。

不正が発覚した米銀行大手のウェルズ・ファーゴのジョン・スタンプCEOが引退。後任にティム・スローン。

米スナップチャットが早ければ2017年3月にもIPO。主幹事はJPモルガンとゴールドマン・サックス。

 

10月13日

ソニーがゴーグル型端末「プレイステーションVR」を発売。価格は4万4980円。

2017年4月に合併を予定していた出光興産と昭和シェル石油が合併を延期する協議に。

ノーベル文学賞にアメリカの歌手ボブ・デュラン。

タイのプミポン国王が死去。88歳。在任期間は世界最長。

新規失業保険週刊申請は24万6000件。1973年以来43年ぶりの低水準を維持。

ベライゾンが5億人の個人情報が流失したヤフーの問題で買収破棄の可能性もあることを示唆。

 

10月14日

サウジアラビアとソフトバンクグループはテクノロジー分野に投資するファンドを設立。10兆円規模。

アデランスがマネジメント・バイアウト(MBO)実施を発表。買い付け額は1株620円。期間は10月17日から11月29日。実施後上場廃止。

米ツイッター買収に名乗りをあげていたセールスフォースが買収の可能性を否定。ツイッター株は7%急落。

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、経済が想定通りに推移すればそう切り上げを見込む、とFRBが年内利上げの公算が大きいと述べた。

一方で2017年の利上げペースは穏やかになるとの予想。

 

(アイキャッチ画像/著作者:ShanouElise)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。