海運業界の再編が加速。郵船、三井、川崎の3社がコンテナ事業で統合

スポンサーリンク

海運業界再編

 

海運業界にも再編の波がきました。

邦船大手3社が定期コンテナ船事業で統合することで合意したと発表がありました。

先日破綻した世界7位だった韓進海運の上をいく世界6位の会社が誕生します。

 

新会社は世界第6位

10月31日、邦船大手の日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社が定期コンテナ船事業で統合すると発表がありました。

船舶の供給過剰と市況低迷が続き、海運業界は生き残ることで必死です。3社は統合することで規模の拡大、競争力を強化する狙いがあります。今回の統合により、3社が設立する新会社は世界第6位の規模となります。

新会社の設立は2017年7月1日。サービス開始は2018年4月1日となる予定です。

出資額は3000億円程度となる予定で、比率は日本郵船が38%。商船三井と川崎汽船が31%になります。

売上高は単純合計で2兆円以上。世界シェアは約7%になります。

 

韓進海運破綻で危機感

2016年8月末に世界7位だった韓進海運が破綻したことは以前お伝えしました。

破綻した韓進海運の荷の引き受けは8000社以上といわれており、その中にはウォルマートやアマゾンなども含まれていました。

入港料などが払えずに、コンテナが幽霊船のように港付近を漂う状態が続きました。その影響で予定通りに荷を届けることができずに、損害賠償などで訴えられるとの報道もありました。未だに韓進海運の破綻は尾を引いています。

この韓進海運の破綻で影響を受けるのは今回の事業統合を発表した邦船3社でした。

コンテナ船各社はアライアンスを結成しています。2017年から3つのアライアンスに集約されます。

  • 業界最大手のマースクラインとスイスのMSCなどによる『2M』
  • 業界3位のCMA-CGMと4位のCOSCOなどによる『オーシャンアライアンス』
  • 邦船大手3社と破綻した韓進海運などの『ザ・アライアンス』

業界1位と2位の『2M』には遠く及びませんが『ザ・アライアンス』として、まさに新たな船でのはずでしたが、アライアンスを組む世界第7位だった韓進海運が破綻。出鼻を挫かれた形となりました。

しかし『ザ・アライアンス』には邦船3社のほかに世界第6位のドイツのハパック・ロイドと10位のクウェートのUASCがいますが、この両社は合弁会社設立で合意しています。邦船3社にとってはアライアンスを組む有力企業です。

業界11位の商船三井。14位の日本郵船。16位の川崎汽船と世界との差は歴然です。今回の統合は個々の力だけでは困難な波を乗り切れないと判断した結果の統合だと考えられます。

 

(アイキャッチ画像/著作者:Calvin YC)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。