その名も『Amazon Go』。アマゾンがコンビニ事業へ参入

スポンサーリンク

Amazon Go

 

アメリカのIT大手アマゾンがコンビニエンスストア業界に進出します。

入店時にスマートフォンをかざして本人認証を行い、店舗内でほしい商品を持って、そのまま出るだけ。決済はアマゾンのアカウントで完了。

世の中の買い物の仕方が変わるかもしれません。

 

すべてを管理監視

ITの巨人アマゾンが2017年はじめにコンビニエンスストア事業に参入します。その名も、

『Amazon Go』

任天堂に対抗した新しいスマホゲームのようなネーミングです。

得意のオンラインではなくこちらは実店舗となります。最大の売りはレジを通らずに決済ができることです。

まず、客は入店時に電車の改札のようなところにスマートフォンをかざします。ICカードで改札をタッチするあれをイメージしてもらえればいいです。これで本人認証が完了します。

そして商品バッグに普段買い物をするようにほしいものを入れていきます。

商品バッグに入れたものや手に持ったものは買うと認識され、商品情報のデータが蓄積されていきます。もし一度取っても不要となり商品を棚に戻せばデータから削除されます。

買い物が終わればそのまま店舗を出て完了です。決済はアマゾンアカウントで行われるという仕組みです。


Introducing Amazon Go and the world’s most advanced shopping technology

 

アマゾンによれば、これは自動運転車に使われている技術と同じということです。

カメラやセンサーで人の動きや位置を把握して、それをディープラーニングなどの技術により客の行動を学習。実際に商品が入れられていることを認識。客はレジで会計をすることなくアマゾンアカウントで決済されます。

アマゾンはこの『Amazon Go』のテストサービスをワシントンのシアトルにある店舗で、アマゾン従業員向けに行っています。2017年前半には一般向けにサービスを開始したいということです。

 

新しい買い物の形

小売業でもっともお金がかかるのが人件費です。アマゾンは最小人数で店舗運営することを可能にしようとしています。

このサービスが一般向けにはじまれば、店側は人件費の削減となり、客側はレジに並ぶ時間をなくすことができます。まさにすべてが自動的となり新しい買い物の形になります。

日本でもICカードやおサイフ携帯などの普及で、多くの小売店でキャッシュレス化が進みました。コンビニでの買い物なら現金ではなくICカードによる支払いが当たり前のように行われています。

効率化は、作業の手間を省くことで一人のスタッフが行える作業量を増やすことができ、それは少人数化にも繋がります(一人の作業が増えることは個人的に問題だと思いますが)。

『Amazon Go』のように入口から出口まですべてが他人を介さずに完了できる買い物の形は革命的かもしれません。

 

監視されている?

『Amazon Go』は買い物の形を変えるかもしれませんが、店舗では買い物客の行動がカメラやセンサーで把握され続けます。これをどう感じるかです。

入店時にIDをさらし、買い物中はカメラで捉えられ、手に取った商品履歴のデータが残り蓄積されます。

「こいつはカップ麺ばかり食べやがって」

「あんぱんばかり買うやつだな。それもつぶあん」

「半額セールばかり狙ってくるんじゃねー」

こんなことをアマゾン側が思っているのかどうかは知りませんが、「あなたにオススメ商品」はこういった情報から判断されています。

このようなことを踏まえても個人情報やプライバシーを気にせず買い物ができるかどうか。逆にアマゾン側は厳重にセキュリティーチェックができるのかも気になるところです。

 

流れは変わらない

レジに並ばない『Amazon Go』は近い将来買い物におけるスタンダードになるかもしれません。

機械化、AI化、日本が抱える人口減少の問題による少人数化社会を考えれば、たぶんアマゾンが思い描くような流れは変わらないと思います。

日本のいたるところにあるコンビニ。さらに規模が大きいスーパーなどの小売店でも同じようになると思います。

ただ、コンビニ参入とは言っても、アマゾンのプロモーションビデオを観る限り(この画像がテスト店舗であるならば)、コンビニというよりはスーパーに近いような店舗ではないでしょうか。スーパーであれば買い物かごを持ちレジで会計するだけなので『Amazon Go』でも問題ないと思います。しかしコンビニは多少ちがいます。

日本のコンビニというのはここ最近、さまざまなサービスを行っています。

買い物はもちろんですが、公共料金の支払い。郵便物などの受け取りや配送もできます。またレジ横にある中華まんやおでん。さらには総菜の数々はその場で調理して提供しており、スーパーのものに負けていません。

これらのサービスを行ううえで、やはりスタッフの数は最低限必要ですし、行き届いたサービスをどこまで維持するのかも考えなければなりません。

また、個人的な思いとして、深夜にコンビニの看板を目にすると、ホッとするというか、安心するというのか、そういったことってあると思うんですよね。

旅先で知らない土地に行っても、なぜだかコンビニの明かりを見ると安心する。寒い冬ならなおさら。コンビニによって中華まんを買う。そういう経験のある人は多いと思います。

たいした用事がなくても人の温もりを求めて、コンビニに行く人もいるのではないでしょうか。今の時代だからこそ、そういったことってものすごく必要なことと思うんですよ。

巨人アマゾンが世の中のものをことごとく駆逐していくのかもしれませんが、このニュースを知ったとき、日本のコンビニはガラパゴスでもいいのではないかと、わたしは思いました。

 

(アイキャッチ画像/出典:Amazon.com: : Amazon Go

 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コンビニでホッとする訳ないだろう
    そこに人間臭さなんてある訳ない
    無機質の塊だ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。