FOMC利上げ決定。0.75%へ。17年利上げ予想は2回から3回へ

スポンサーリンク

FOMC利上げ決定

 

12月14に行われたFOMCで0.25%の利上げが決定しました。

この結果はすでに予想されていたものなのでおどろきはなかったですが、市場の関心は2017年の利上げ回数でした。これは従来予想では2回でしたが、3回とポジティブ・サプライズとなりました。

 

2017年は3回?

2016年最後のイベントだったFOMCは市場の予想通り利上げが決定。0.25%の利上げが行われ、0.50%から0.75%に引き上げられました。これは2015年12月以来1年ぶりとなる利上げでした。

市場の関心は利上げ決定よりも、すでに2017年の利上げ回数に移っていました。

9月の時点では2回とされていましたが、利上げペースを示すドット・チャートでは利上げ予想中央値が3回ペースであることがわかりました(ドット・チャートは利上げ回数と一致するものではありません)。

 

ポジティブ・サプライズ

2017年の利上げ予想回数が2回から3回とペースが早まったこと。そして会見でイエレン議長が現在のドル高や株価の過熱感を牽制する発言があるかと思われましたが、そういったこともなく、それらのことを含めてポジティブ・サプライズとなりました。

発表された声明文では、

「緩和的な金融政策は労働市場がやや一層の力強さを増すことと、インフレ率2%への回帰を支えていく」

としており、イエレン議長の記者会見では、

「インフレは依然として、われわれの目標を下回っている。われわれが後手に回ったと判断していない」

などと語りました。

 

ドル高、円安に加速

FOMC後、ドル高、円安が加速しました。

一時は2月4日以来となる117.86円までドル高、円安が進みました。日本時間の12月15日も117円台前半から中盤で推移しており、欧州時間にかけて再びドル高、円安に向かいつつあります。

フィボナッチでは2015年6月の高値125.86円と、2016年6月の安値98.76円を結んだ61.8%にあたる115.51円のターゲットを簡単に上抜けました。

ドル円 フィボナッチ

これにより次のターゲットは2016年はじめの121.66円となるのでしょうか。この値までは抵抗もなくスルスルと上昇するかもしれません。心理的には切りのいい120円を達成した後、そのまま上昇を続けるかどうかだと思います。

 

(アイキャッチ画像/出典:http://jp.reuters.com/article/ny-stx-us-idJPKBN1432V7

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。