第45代アメリカ大統領ドナルド・トランプ。早速大統領令

スポンサーリンク

第45代アメリカ大統領

 

1月20日(現地時間)、第45代アメリカ合衆国大統領にドナルド・トランプが就任しました。

式には歴代の大統領であるカーター元大統領。クリントン元大統領。ブッシュ元大統領。そしてオバマ大統領が出席していました。一般人はおよそ90万人と報道されています。

ワシントンでは反トランプ派がデモを起こし、一部は店舗のガラス窓を割るなど暴徒化しました。暗殺などもあるのではと、物騒な報道もありましたが、就任式は滞りなく進行したようです。

 

大統領就任演説

ハフィントンポストに全文が載っているの気になる方はそちらからどうぞ。

一部抜粋しておきます。

  • 本日の式典には、とても特別な意味があります。なぜなら、ひとつの政権から別の政権へ、または、ひとつの政党から別の政党へ、単なる政権交代をしているわけではなく、ワシントンD.C.から国民である皆さんへ、政権を取り戻しているからです。
  • これは皆さんの式典です。そして、このアメリカ合衆国は、皆さんの国なのです。
  • 2017年1月20日は、国民がこの国の治める日として、これからずっと記憶に刻まれるでしょう。
  • 私たちは他の国の国境を守っていますが、自分たちの国境を守るのを拒んでいます。
  • 今日、この日から、アメリカ第一のみになります。
  • 保護こそが偉大な繁栄と力に繋がるのです。
  • 新しい道路、橋、空港、トンネル、鉄道を建設します。
  • イスラム過激派のテロに対し世界を結束させ、地球上から完全に根絶させます。
  • 口ばかりで行動が伴わない政治家をこれ以上受け入れることはできません。
  • 一致団結して、私たちはアメリカを再び強い国にします。

 

とくにこれと言った感想はないですね。まあ大統領選で言っていたことを繰り返したぐらいでしょうか。

 

大統領のお仕事

トランプ様は忙しいのです。ちんたら遊んでいる暇はありません。さっそくお仕事ですよ、みなさん。

 

トランプ米大統領は就任後、オバマ前政権が進めていた医療保険制度改革法(オバマケア)を公約通り、撤廃、見直しに向けて大統領令に署名しました。就任初日から公約を実現し、口だけの男でないことをアピール。さすがはできる男トラ様。

さらに公約にもあった環太平洋経済連携協定(TPP)から離脱する方針を発表。また北米自由貿易協定(NAFTA)についてもメキシコとカナダが再交渉に応じなければ離脱もありうると表明しました。

トランプ大統領は就任式当日に大統領令を発令か
大統領令 トランプ次期米大統領が就任式当日に4つ、または5つの分野で大統領令を発令するのではないかとロイターが伝えました。 TPP、NAFTAからの離脱?1月19...

 

教書演説まで様子見

「アッ!」と思わせる就任式になるかと思いましたが、そんなことはなく、これまで通りの演説だった感じがします。ここ数日間は市場も動きにくい展開でしたが、就任式の影響もそれほどなく、ダウ平均は6日ぶりの反発。94ドルほど上昇して19827ドルとなりました。

市場はもう少し様子見ムードが続くかもしれません。2月ごろにトランプ大統領が今後1年間の政策方針を示す「一般教書演説」を聞くまでは方向性が見えづらいですね。

 

関係ない話ですが、稀勢の里が初場所で優勝しましたね。初土俵から89場所目での初優勝です。いつも優勝争いに絡むのに、ここ一番というところで勝てないんですよね。白鵬には強いのに他で星を落とすからダメだったんですよね。でも初優勝でやっと念願の賜杯を手にしましたね。

 

アイキャッチ画像/http://www.huffingtonpost.jp/2017/01/20/donald-trump-inauguration-speech_n_14292818.html

 

スポンサーリンク