ジェームズ・マティス国防長官が来日。『狂犬』てやめません?

スポンサーリンク

暴走を止められるか

 

トランプ政権で国防長官に任命されたジェームズ・マティスが2月1日から4日の日程で日本と韓国を訪問します。

同盟国との関係強化が目的であり、要求を突きつけることはないと伝わっています。

 

マティス国防長官訪日

2月10日で調整されている日米首脳会談を前に、露払い的にマティス国防長官が訪日します。

トランプ大統領が日本に防衛費負担増を訴えていることもあり、今回のマティス国防長官の訪日は、要求を突きつけてくるのではないかと思われていましたが、1月26日にロイターが伝えたところによると、米国防総省のデービス報道部長が、マティス国防長官の訪日は、

「関係強化が目的であり要求を突きつけることはない」

と記者団に語ったということです。

トランプ大統領が求めている米軍の駐留経費負担増を求めるものではないようです。

 

拷問は禁止

トランプ大統領は以前からテロ容疑者などへの尋問の際に、水責めなどの拷問を解禁するような発言をしていました。

1月25日のインタビューでは水責めは「間違いなく効果がある」と発言しました。

しかし米国防総省は26日、マティス国防長官の発言として、テロ容疑者などの尋問の際に拷問と見なされる手法を用いることを禁じた法律を支持する姿勢に変わりはないと発表しています。

マティス国防長官は指名承認公聴会で、拷問による尋問を禁止した「米陸軍野戦マニュアル」を軍や情報機関の尋問における唯一の基準とする方針を支持しており、「この考えは今も変わっていない」と言明しています。

マティス米国防長官は拷問禁止を支持、国防総省が発表
【1月27日 AFP】米国防総省は26日、ジェームズ・マティス(James Mattis)米国防長官の発言として、テロ容疑者などの尋問の際に拷問と見なされる手法を用いることを禁じ...

 

『狂犬』が一人歩き

日本ではマティスのことを『狂犬』と伝えています。

これはマティスが『mad dog』の異名を持ち、そのまま訳してしまったから『狂犬』と伝わってしまっています。

たしかに訳せば『狂犬』なのでしょうが、これだとだれもが「狂ってる」人物だと感じてしまいます。

実際に調べてみるとマティス国防長官のイメージは日本に伝わってくる『狂犬』のイメージとはちがいます。

ニューヨーク・タイムズは反トランプ派ですが、マティス起用に関する社説の中で、

「反対意見にほとんど関心を示さない、危険なほど無知な大統領が率いるホワイトハウスに、マティス将軍は理性ある声をもたらすかもしれない」

と書いており、ワシントン・ポストも、

「期待されるのは、トランプ氏が『将軍の中の将軍』と呼ぶ人物が次期大統領を支えることだ。既にマティス氏は拷問の有効性を慎重に検討するよう進言したようだ」

と書いています。

次期米国防長官の異名を「狂犬」にした日本メディアの誤訳
<マティスの人柄を調べれば「荒くれ者」あたりが正解。トランプの閣僚だからといって...

 

マティスが以前、

「人を殺すのが楽しい」

と物騒な発言をしています。この発言が日本に伝わるマティス像を『狂犬』にしてしまっています。

この発言は一部だけ切り取られたもので前後を読めば違ったものとわかります。

暴走トランプを止める『狂犬』ジェームズ・マティスが国防長官に
国防長官にマティス トランプ政権の次期国防長官に元海兵隊大将の退役軍人ジェームズ・マティスが任命されます。マティスは2013年まで海兵隊大将を勤めていました...

 

当時、この発言に対して海兵隊総司令官は注意を与えていますが、その後はマティスを擁護もしています。

 

マティスは生涯独身で、歴史や戦史研究のための書籍を7000冊以上保有しているといわれており、「戦う修道士」の異名もあります。

トランプ政権がロシアに対して緩和であることにマティスは反対の姿勢を示しており、テロ容疑者などへの拷問にも反対。しかし同盟国を重要視する姿勢はトランプ大統領とは一定の距離があります。

マティス国防長官を『狂犬』なんて異名で報道するのはやめません。

 

日本は他国の手本(追記:2月5日)

韓国を訪問後、3日に日本に来日し安部首相、岸田外務大臣、稲田防衛大臣と会談しました。

稲田防衛大臣と会談後にマティス国防長官が会見を行いました。

  • 日米同盟はアジア太平洋地域の安定のための要であることは変わっておらず、高い重要性を持っている
  • 尖閣諸島に関する長年の立場をはっきりさせた。日本の施政下にある領域で日米安全保障条約5条の適用範囲だ
  • 日米の経費負担は他の国にとってモデルになる
  • (北朝鮮の核、弾道ミサイルについて)日米両国と地域の安定に対する安全保障上の重大な脅威。
  • (沖縄基地負担)辺野古移設が唯一の解決策

 

2月10日にワシントンで日米首脳会談があります。どのような会談になるのでしょうか。

 

アイキャッチ画像/http://www.jiji.com/jc/p?id=20170121163726-0023132165

 

スポンサーリンク