ついに決着。J&Jが300億ドルでアクテリオンを買収

スポンサーリンク

買収額300億ドル

 

総合ヘルスケア企業のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)がスイスの製薬会社アクテリオンを買収することが、両社で承認されました。

買収額は300億ドル(およそ3.4兆円)となります。アクテリオンの株式1株に現金280ドルで買い取るということです。1月26日のロイターが伝えました。

[チューリヒ26日ロイター]米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)は、スイスの製薬会社アクテリオン(ATLN.S)の買収について同社と合意した。アクテリオンが26日明らかにした。買収価格は300億ドル。

J&Jは、アクテリオンの発行済み株式全株を1株当たり現金280ドルで買い取る。この価格は、25日終値に23%のプレミアムを乗せた水準。買収に当たっては仏サノフィ(SASY.PA)も関心を示していたもようだ。

両社の共同声明によると、買収は両社の取締役会で全会一致で承認された。

J&Jは主要製品である関節リウマチ治療薬「レミケード」(一般名:インフリキシマブ)が、米ファイザー(PFE.N)の類似薬との競争にさらされている。今回の買収によりJ&Jは、パイプラインを拡充し製薬事業を多角化することができる。

J&Jは、買収により調整済み1株利益、売上高や利益の加速に早期につながると見込んでいる。買収資金は、米国外で保有する現金を手当てするという。

同社のアレックス・ゴルスキー最高経営責任者(CEO)は声明で「買収は両社の株主に多大な価値をもたらすだろう」と述べた。

アクテリオンは、研究開発部門「R&D NewCo」(R社)をスイスで分離上場。R社株については、J&Jによる買収完了後にアクテリオンの株主へ株式配当として割り当てる計画だ。

J&JはR社株を当初16%保有し、追加で16%取得する権利を持つ。さらに、R社が開発中の抵抗性高血圧治療薬に関する権利も取得する。

米J&J、スイスのアクテリオン買収で合意 価格は300億ドル
米医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N)は、スイスの製薬会社アクテリオン(ATLN.S)の買収について同社と合意した。アクテリオンが26日...

 

買収までの流れ

J&Jがアクテリオンを買収するまで二転三転ありました。

最初の報道は11月25日。非公式ながら事情に詳しい関係者の話として、J&Jが医薬品のラインアップ拡大を目指してアクテリオン買収の可能性があると伝えました。

しかし11月29日にはアクテリオンが身売りには消極的で、独立を維持しながらJ&Jから出資を受け入れる取引を協議していると伝えられました。

12月1日、協議は非公開ながらJ&Jは総額260億ドルで買収を提案したことが伝わりましたが、これをアクテリオン側は低すぎると拒否。J&Jはさらに条件を大幅に引き上げたと伝わっていますが、提示額は確認されませんでした。

状況が変わったのは12月6日あたりからです。

非公開ながら複数の関係者の話で、フランスの大手製薬会社サノフィがアクテリオンの買収を検討しはじめました。

サノフィが買収に参戦することが一因だったのかはわかりませんが、12月14日にJ&Jがアクテリオンの買収交渉を打ち切ったと伝わり、これでアクテリオンの買収はサノフィに決まるかと思われましたが、そのすぐ一週間後の12月22日、アクテリオン買収にJ&Jが再び交渉に入ったことが明らかになりました。

そして今回の報道でアクテリオンの買収は決着がついたようです。

 

更なる成長へ

新たに設立される「R&D NewCo」(R社)は10億ドルの現金を持つ上場企業となり、株式はアクテリオンの株主に株式配当されます。

またJ&JはR社の株を16%保有。追加でさらに16%取得する権利があります。

J&Jはアクテリオンの買収によって肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬のリーダー的存在になります。『トラクリア』の商品名で販売されている肺動脈性肺高血圧症治療薬は50億ドルの世界市場を独占しているとも言われています。

J&Jには売上げが好調な関節リウマチ治療薬の『レミケード』がありますが、製薬最大手のファイザーが2016年11月に『レミケード』のバイオシミラー(バイオ医薬品の後発版)となる『インフレクトラ』をアメリカで発売しました。これが影響して『レミケード』の成長にブレーキがかかるかもしれないという懸念がありましたが、今回のアクテリオンの買収でJ&Jの更なる成長が期待できそうです。

なお今回の買収は2017年第2四半期末までに完了する予定です。

 

スポンサーリンク