【IPO】まんが王国運営のビーグリー当選

スポンサーリンク

IPO当選報告

 

3月17日上場予定のIPO銘柄『ビーグリー』に当選しました。主幹事のSMBC日興証券さんから100株いただきました。

が、両手を挙げてなかなか喜べない銘柄ですね。

 

ビーグリー

『ビーグリー』の事業内容はコンテンツプラットフォーム事業となっており、スマートフォン向けコミック配信サービス「まんが王国」の運営などを行っています。

スマートフォンでまんがを読む人は増えており、業績は急成長ではないですが、着実に伸びています。ただ、IPO銘柄としての懸念材料は吸収金額が90億円以上とマザーズでは大型になります。

なおかつベンチャーキャピタルの出資が多く、そのほとんどが売りに出されます。需要面が難点です。

枚数の多さから主幹事のSMBC日興証券ではそれなりに当選するのでは思われていましたが、当選しました。

まだ申し込みしていませんが(キャンセルはペナルティーになるので申し込み予定です)、まさか当選するとは思っていなかったので、いろいろな意味で驚きました。

 

雑感

さて、ビーグリーですが、想定価格は1820円でしたが1820円〜1880円と上ぶれ。初値予想は1920円〜2100円となっています。

初値は期待できなさそうですが、公募割れはないだろうとの予想が大方です。もちろん公募割れの危険性もありますが、3月7日に上場した、前評判があまりよくなかった『ロコンド』ですが、初値は予想に反して上昇しました。こういったことも含めて、ビーグリーももしかして、があるかもしれません。

少しは期待したいですね。

 

(アイキャッチ画像/著作者:geezaweezer)

 

スポンサーリンク