『Snapchat』を潰す『Facebook』

スポンサーリンク

ロックオン!

 

先日、アメリカ市場に上場を果たした『Snapchat(スナップチャット)』。

時間が経つと写真が消える機能が若者中心に人気が出ました。話題性もあり上場初値は大きく上昇しましたが、SNSの巨人『Facebook(フェイスブック)』が早速潰しにかかっています。

 

Messenger Day

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグはよほどスナップチャット憎しなのでしょう。

3月9日、フェイスブックは24時間後に自動的に消えるサービスの新機能「Messenger Day」を発表しました。順次サービスを導入していくようです。

Facebook、「Snapchat Stories」対抗の新機能「Messenger Day」リリース
24時間後に自動的に消えるソーシャルメディアコンテンツが人気だ。Facebookが、「Snapchat Stories」に似た新機能「Messenger Day」を「Messenger」アプリに追加した。

 

新サービスはスマホのカメラで写真や動画をとり、さらにステッカーやエフェクトで写真を装飾することができます。写真や動画は特定の人やグループに送信でき、Messengerの画面に表示されるストーリーに追加することもできます。動画や写真は24時間後に自動的に消えます。

このサービスはフェイスブックのオリジナル機能というよりは、先日上場を果たしたスナップチャットのサービスを真似たものです。

また、フェイスブック傘下の写真共有SNSのインスタグラムでは、投稿が消えるサービス「Stories」がすでに2016年に提供されています。

 

買収が実現しなかった恨み?

ザッカーバーグは2013年にスナップチャットを30億ドルで買収する提案をしましたが、スナップチャットCEOエヴァン・スピーゲルはこの提案を拒否しています。

実はこの買収提案を行う前、ザッカーバーグは2012年末にエヴァン・スピーゲルにメールを出しています。

ザッカーバーグ:「知り合いになりたいからメロンパークに来てよ」

このメールに対してエヴァン・スピーゲルは、

スピーゲル:「ぜひ会いたいね。そっちが来るならだけど」

消えるアプリ『スナップチャット(スナチャ)』。利用者急増で成長は続く。
スナップチャット(Snapchat) アイコンはお化け。すでに日本でもおなじみのメッセージが消えるアプリ『スナップチャット』。若干26歳の若さで創業したエヴァン・...

 

生意気でしょ。このやり取りをザッカーバーグは根に持っているかどうかは定かではありませんが、このあとの買収提案も断られたら、「マジで潰してやろう」と思うのも無理はないですね。

もっとむかつくのは、ミランダ・カーと付き合っていて結婚間近とか。マジか。

アメリカ株としてフェイスブックはあまり好きじゃないけど、スナップもあんまり好きじゃないな。えっ? 個人的な感情なんて入ってないですよ。

スナップなんてどうせツイッターの二の舞、おっと失礼!

 

スポンサーリンク