テスラが過去最高の出荷台数。一方米自動車販売は低調

スポンサーリンク

米自動車産業

 

イーロン・マスクCEO率いる電気自動車メーカーのテスラは、第1四半期の出荷台数が前年同期比70%近く増えて2万5000台を記録しました。これはゴールドマン・サックスの予想をも超えたことになります。

 

好調なテスラ

3日のロイターによると、電気自動車メーカーのテスラは第1四半期の出荷台数が前年同期比69%増の2万5000台を記録し、四半期ベースで過去最高を記録しました。

ゴールドマン・サックスの出荷台数予想は2万3500台だったので、この予想を上回りました。

テスラにおいては、過去に生産目標に届かなかったことがあり、投資家にとっては生産能力が懸念の一つでした。しかし今回の発表でその不安が多少和らいだことになります。

なお、この発表でテスラの株価は上昇。時価総額ではフォード・モーターの450億ドルを抜き、480億ドルとなり、米自動車メーカーでは2位となりました。1位は510億ドルのゼネラル・モーターズです。

米テスラ株急伸、時価総額でフォード抜く 1─3月の出荷台数好感
電気自動車(EV)メーカー大手の米テスラ(TSLA.O)株価が3日、過去最高値を更新した。第1・四半期の出荷台数が前年同期比69%増の2万5000台と、四半期ベース...

 

米販売台数は低調

一方で同日に発表された米販売台数は1662万台と、市場予想を下回りました。

[デトロイト3日ロイター]調査会社オートデータによると、自動車メーカー各社が発表した3月の米販売台数は年率(季節調整済み)1662万台と、ロイターのまとめた市場予想の1730万台を下回った。

昨年8月以来初めて節目の1700万台も割り込み、好調なペースで拡大していた米自動車市場の販売が失速している可能性を示唆した。

ワーズオートのまとめたデータもは年率1653万と、予想に届かなかった。

業界の専門家は、在庫の増加や値引きの拡大を指摘し、値引き合戦が各社の利益を圧迫しかねないとして懸念を強めている。

(後略)

米3月自動車販売、予想下回る 年率で1700万台割り込み失速の兆候
調査会社オートデータによると、自動車メーカー各社が発表した3月の米販売台数は年率(季節調整済み)1662万台と、ロイターのまとめた市場予想の1730万台を下...

 

テスラは楽しめる

グロース銘柄として人気があるテスラですが、天才的なCEOであるイーロン・マスクが次から次へと打ち出す構想は大変面白いものですが、投資銘柄としてはリスクも小さくはありません。

宇宙事業のスペースXや、先日設立した人間の脳とAIを融合させる『ニューラリンク』など、魅力的な事業はありますが、現在の柱はテスラモーターズです。

イーロンマスクが脳とAIを融合するニューラリンクを設立
ハイブリッド人間vsAI 電気自動車メーカーのテスラと宇宙開発企業スペースXの創業者でありCEOのイーロン・マスクが新会社を立ち上げました。以前からうわさがあっ...

 

今回は出荷台数が予想を上回りましたが、次も計画通り進むとはかぎりません。そういった意味では大きなリスクをとった投資になりますが、魅力的な銘柄であることは間違いありません。

 

(アイキャッチ画像/著作者:raneko)

 

スポンサーリンク