米国による北朝鮮への先制攻撃はない?

スポンサーリンク

米国の先制攻撃?

 

アメリカと北朝鮮の睨み合いが続いています。

報道ではアメリカ、北朝鮮がお互いを牽制するような行動を起こし、チキンレース状態となっています。

アメリカの先制攻撃が騒がれていますが、現実的にあるのでしょうか。

 

トランプ大統領は会談も

CNNが伝えています。

ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領は1日、北朝鮮の核問題をめぐる緊張の緩和に向け、「適切な条件が整えば」金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談するとの意向を示した。

トランプ氏は米ブルームバーグとのインタビューで、自身が正恩氏に会うことが適切な状況であれば「確実にそうする」と断言。「会えれば光栄だ」とも述べた。

現役の米大統領が北朝鮮の指導者と会談した例は過去にない。

トランプ氏の発言を受けて、スパイサー大統領報道官は1日、「北朝鮮の挑発的行動にただちに歯止めがかかることが前提。現時点で条件が整っていないことは明らかだ」と語った。

トランプ氏は4月30日に放送された米CBSテレビとのインタビューで、正恩氏を「切れ者」と呼んだ発言でも注目された。スパイサー氏は1日の会見で、この発言にも言及。正恩氏は若くして父の後継者となり、外部が懸念を示すなかで北朝鮮を率いてきたと説明した。

トランプ氏は大統領選前の昨年6月、「私はだれとでも話し合う」「私なら10~20%の確率で、正恩氏を説得して核を放棄させることができる」と主張し、与野党両党から批判を浴びていた。

プリーバス大統領首席補佐官も1日、CBSテレビとのインタビューで、北朝鮮が核やミサイルを放棄しない限り、トランプ氏と正恩氏の直接会談はあり得ないとの見方を示した。

トランプ氏、金正恩氏との会談に意欲示す 「条件整えば」
米国のトランプ大統領は1日、北朝鮮の核問題をめぐる緊張の緩和に向け、「適切な条件が整えば」金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談するとの意向を示した...

 

トランプ大統領は北朝鮮に対して態度を軟化していますが、はたしてどうでしょうか。

 

在韓アメリカ人

素人ですが、わたしはアメリカの先制攻撃はないと思っています。

その根拠は20万人ちかくいる在韓アメリカ人が避難していないからです。同じように在日アメリカ人も避難していません。

もしアメリカが北朝鮮に先制攻撃すれば、北朝鮮は報復攻撃をすると思います。そうなれば隣国のソウル。または日本にもミサイルが飛んでくると思います。核ミサイルなのか、化学兵器なのか。

そうなれば民間人にも被害が及びます。そのアメリカ人を放っておいてアメリカが北朝鮮に先制攻撃をするとは考えにくいと思います。

先制攻撃をするならば、北朝鮮が反撃できないほど完全に壊滅させる必要があると思いますが、完全にということはアメリカ軍でも難しいのではないでしょうか。

アメリカが自国民を避難させたら「おっ」となりますね。

 

スポンサーリンク