【NEWS Pickup!】日本はGW。サウジアラムコIPO検討など

スポンサーリンク

気になるニュースをPick up!

 

今週は日本がゴールデンウィークのため市場は閑散としていました。

そんな中、アメリカが爆撃機を朝鮮半島上空に飛行させたことや、サウジアラムコが2018年にIPOを検討などのニュースがありました。。

では、あれこれあった気になるニュースを独断にPick up!

 

5月1日〜5月5日

5月1日

米メディアの21世紀フォックスがブラックストーンと共同で米トリビューンへ買収提案。

スペイン政府が今年の成長率見通し2.7%に上方修正。

トランプ政権発足100日。

ツイッターがブルームバーグと提携。

イラク軍、5月中にモスル奪還を完了。

スペースXが初の軍事衛星打ち上げ。

トランプ大統領が北朝鮮との会談の可能性に含み。

 

5月2日

米戦略爆撃機が朝鮮半島上空を飛行。

中国テンセントが米シアトルにAI研究所を新設へ。

OPECの4月生産高は4カ月連続で減少。

 

5月3日

サウジアラムコIPOは2018年に実施。

マイクロソフトが新OS「ウィンドウズ10S」を発表。

米財務省が超長期債の発行検討。

FOMCが金利据え置き。

アップルが先端的製造会社に投資する10億ドル規模の基金設立へ。

 

5月4日

プエルトリコが財政破綻。負債8兆円。

トランプ大統領が5月中にNATO首脳会議に出席。

米アトランタ地区連銀のGDPナウ、第2四半期は+4.2%。

オバマケア改廃法案、米下院が可決。

 

5月5日

サウジアラビアOPEC理事、減産延長が必要と認識。

サンフランシスコ地区連銀総裁が年内2、3回の利上げ予想維持。

 

スポンサーリンク