6月のFOMCでの利上げ確率は70%以上

スポンサーリンク

次回FOMC

先週水曜日、アメリカの株式市場は大きく下落しました。トランプ大統領のロシア疑惑報道が切っ掛けでした。アメリカ国債市場は大きく上昇、金利は下落しました。

トランプ疑惑が長引けば市場に影響を与えそうです。6月13-14日の期間でFOMCが行われますが、はたして利上げはあるのでしょうか。

 

78%の確率

次回、米連邦公開市場委員会(FOMC)は6月14日に開催されます。6月のFOMCは会合後に議長会見があるので、利上げが行われる可能性が強いです。

その6月のFOMCの確率がCMEのFedWatchで確認できます。

 

5月22日の段階で6月のFOMCでの利上げ確率は78.5%となっています。

利上げ濃厚の確率ですが、これから出てくるデータ次第では6月の利上げはスルーということもあります。とくにトランプ大統領の疑惑が長引けば市場もぐだぐだするかもしれません。

24日にコミー前FBI長官が公聴会に招かれて証言予定です。ここが一つの切っ掛けとなるかもしれません。

 

スポンサーリンク