FOMC議事録公表。バランスシート縮小支持

スポンサーリンク

FOMC議事録公表

24日に米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した5月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での議事録では、4兆5000億ドル、日本円でおよそ500兆円規模のバランスシートを緩やかに縮小させる計画が支持されました。

 

バランスシート

議事録では、多くの当局者が利上げが近く適切になると判断していること(6月のFOMCということか)。また4兆5000億ドルという大きくなったバランスシートの縮小を年内に開始するのが望ましいという点が示されていたようです。

バランスシート縮小について議事録では、再投資をやめる資産の規模を段階的に引き上げていくというアプローチに対して当局者の多くが「好ましい」としています。

利上げが予想通り行われることを想定して、バランスシート縮小も年内に開始するのが適切になると指摘しました。

ただ、利上げ、バランスシート縮小については、経済に関する数字が予想から大きく外れることなく一致した場合に進めるという条件付きと考えたほうが無難だと思います。

FRBが年後半にバランスシート縮小に着手か
バランスシート縮小 アメリカの経済は順調のようです。先日5日に発表された4月の雇用統計は市場予想を上回り、失業率も低下しました。年内の追加利上げ観測がある...

 

バランスシート縮小について市場におよぼす影響は以前の記事で書いています。メガトンパンチになる恐れもあるので注意が必要です。

 

(アイキャッチ画像/著作者:freedesignfile.com)

 

スポンサーリンク