6月のFOMCの利上げ確率は90%以上

スポンサーリンク

利上げ確率90%以上

今週の注目は6月14日に行われるFOMC会合です。

すでに市場の予想では25BPの利上げがあると考えられているようです。実際にCMEのFedWatchの確率によると6月12日現在95.8%となっています。

http://www.cmegroup.com/trading/interest-rates/countdown-to-fomc.html/

 

ほぼ利上げが行われる可能性が濃厚ですが、FOMCと同じ日の14日に発表される小売売上高と消費者物価指数(CPI)が大幅に低ければ中止なんてこともあるのでしょうが、可能性は低いと思います。

個人的な当たらない予想では、

  • 6月:利上げ
  • 9月:利上げなし
  • 12月:利上げ

と考えています。なので2017年は3月、6月、12月の合計3回の利上げと予想しています。

 

ただ、すでに利上げがどうとかよりも、以前から申し上げているように、FRBのバランスシート縮小のほうが大きなインパクトとなりそうです。

縮小は年内に行われると言われていますが、どのタイミングで。そしてどのように実行されるのかが今週のFOMCで話題になるのではないでしょうか。

FRBが年後半にバランスシート縮小に着手か
バランスシート縮小 アメリカの経済は順調のようです。先日5日に発表された4月の雇用統計は市場予想を上回り、失業率も低下しました。年内の追加利上げ観測がある...
FOMC議事録公表。バランスシート縮小支持
FOMC議事録公表24日に米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した5月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での議事録では、4兆5000億ドル、日本円でおよそ500兆円規模のバラン...

 

スポンサーリンク