米10年債利回りが上昇。NY市場は下落

スポンサーリンク

NY市場下落

昨日のNYダウは100ドル近く下落しました。ダウだけではなくハイテク銘柄が多いナスダックも下落しました。

とくにFAANGと呼ばれるハイテク銘柄の代表格の下落が目立ちました。

 

FAANG

チャートは2017年からのNYダウです。100ドル近くの下落でした。

 

ハイテク株の下落も目立ちました。とくに『FANG』です。

『FANG』とはフェイスブック、アマゾン・ドットコム、ネットフリックス、そしてグーグル親会社のアルファベットのことを指します。これにアップルを加えて『FAANG』とも言われています。

フェイスブックです。2%近く下落し、50日移動平均線に接近しています。

 

アマゾンです。こちらは1.7%近く下落しました。1000ドルを超えたら売られるような展開が続いています。

 

アップルです。こちらは50日線を下回っています。1.5%近く下落しています。

 

ネットフリックスです。FAANG銘柄では一番の下落を演じました。4%台の下げでした。株価は50日線前後で推移していました。

 

グーグル(アルファベット)です。50日線をタッチしました。

FAANGはアメリカ株でもとくに買いが買いを呼ぶ展開が続いていました。だれもが上昇し過ぎではないかという思いがありながらも買われ続けました。このまま上昇するのか調整するのかはわかりませんが、チキンレース的ですね。

 

NY市場の下落は米10年債利回りが上昇したことが一つの要因でした。2.1%台から2.2%台へと上昇。ドル円も1ドル112円台で推移しています。

金利がじわりじわり上昇するようならドル高になり株価の下落につながります。

 

スポンサーリンク