イエレンFRB議長の証言で米ドルが下落

スポンサーリンク

ハト的な発言

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長が12日に下院金融サービス委員会で証言を行いました。

証言では、緩やかな利上げとバランスシート縮小ができるほどアメリカ経済は健在である認識を示しました。

 

利上げの余地は限られる

イエレンFRB議長は、利上げとバランスシート縮小が可能であるとしながらも、低水準のインフレ率や自然利子率により、利上げの余地は限られるともしました。

アメリカ経済は緩やかに拡大しており、雇用についても完全雇用に近いか、これを上回る状況にあると指摘しました。

金利は上昇しており、フェデラルファンド金利については自然利子率に到達するまで「それほど大きく引き上げる必要はないだろう」と語りました。

バランスシートの縮小については年内に着手する公算が大きいことを示しました。

 

イエレン議長がフェデラルファンド金利については自然利子率に到達するまで大きく引き上げる必要はないとしたことで、ハト派的な姿勢と市場は受け止めました。

イエレン議長の発言を受けてダウ工業株は終値で最高値を更新しました。

 

また米ドル円はドルが売られ円が買われました。

 

(アイキャッチ画像/著作者:WeVe1)

 

スポンサーリンク