【IPO】注目のメルカリが上場! 時価総額1000億円越え

スポンサーリンク

メルカリ上場

ついに注目銘柄だったフリーマーケットアプリの『メルカリ』が上場します。

すでに東証に上場申請を行ったことが判明。年内の上場を目指すということです。

 

時価総額1000億円越え

時事通信が伝えています。

個人同士による物品の売買をインターネット上で仲介するフリーマーケットアプリのメルカリ(東京)が、東証に株式上場を申請したことが22日、分かった。関係者によると、21日までに予備申請を終えており、年内の上場を目指している。時価総額は1000億円を超える可能性が高く、大型の新規株式公開(IPO)案件となりそうだ。

メルカリは6月に起きた個人情報が流出する不祥事で内部管理体制の不備を指摘されており、今後本格化する東証の審査に影響が及ぶ可能性がある。上場市場は1部かマザーズになるとみられる。メルカリは調達した資金を海外事業の拡大などに充てる。

メルカリ、東証に上場申請=時価総額1000億円超(時事通信) - Yahoo!ニュース
個人同士による物品の売買をインターネット上で仲介するフリーマーケットアプリのメル - Yahoo!ニュース(時事通信)

 

予備申請を行ったということで、本申請は8月ごろに開催する株主総会後になる予定です。審査に問題がなければ年内に上場が間に合うようです。

上場市場は東証1部やマザーズが想定されているようですが、規模からして東証1部ではないでしょうか。

時価総額が1000億円越えというと、2017年現在でIPOを行ったスシローを上回る大型案件となります。

 

フリーマーケット事業では楽天やフェイスブックも参入しています。

楽天がフリマアプリ「フリル」を買収。メルカリを追うが世界はアマゾン
楽天がフリルを買収楽天株式会社がスマートフォンを使い個人間売買取引ができるフリマアプリ「フリル」を提供する株式会社Fablicの発行済み全株式を取得し、完全子会社...
フェイスブックがフリマアプリを発表。国内大手のメルカリの牙城を狙う
潰しにくるフェイスブック フェイスブックはユーザー同士で取引を行うフリマアプリを発表しました。この分野では日本企業の「メルカリ」が大きな存在になっていま...

 

この分野では一歩リードしているメルカリですが、上場を果たしてさらなる成長を目指せるでしょうか。

 

スポンサーリンク