イエレンFRB議長の再任の可能性に明言したトランプ大統領

スポンサーリンク

FRB議長

 

迷走が続いているトランプ政権ですが、来年2月に任期を迎えるイエレンFRB議長の後任人事でトランプ大統領はイエレン議長を続投させる可能性を否定しませんでした。

 

イエレンorコーン?

25日のロイターが伝えています。

[25日 ロイター] – トランプ米大統領は25日、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで、次期連邦準備理事会(FRB)議長候補として現職のイエレン氏とゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長の2人の名前を挙げた。

トランプ氏は来年2月に任期を迎えるイエレン氏を再任する可能性について、「候補であることは間違いない」と言明。また、金融大手ゴールドマン・サックスの元社長であるコーン氏についても、「無論、候補の1人になる」と述べた。

トランプ氏は次期議長の発表はおそらく年末になると語った。この他、「2─3人の候補者」がいるとしたが、詳細への言及は避けた。

米政治情報サイトのポリティコは先に、トランプ氏がイエレン氏を再任する可能性は低く、コーン氏が後任の最有力候補だと報じていた。

トランプ氏はWSJとのインタビューでコーン氏について「一緒に仕事をすることで、大いに尊敬するようになった」と強調。

イエレン氏については「好ましい人物だ。姿勢が気に入っている。良い仕事をしてきた」と評したうえで、「私は金利が低水準にとどまることを望んでいる。イエレン氏は本来、低金利派だった」と述べた。

 

再任確率は20%台

オバマケア代替案が決まらず、2018年度予算案の採決、さらにデッドシーリング問題と、トランプ政権は山積みの課題を抱えています。

さらにFRB議長の後任人事。人事に関してはなにも決まっていないとされていますが、有力候補はイエレン議長の再任か、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長の二人のようです。

ただ、ウォール・ストリート・ジャーナルが行ったエコノミストを対象としたアンケートでは、イエレン議長の再任が20.8%。ゲーリー・コーンNEC委員長が13.7%となったようです。

「どっちも低い!」

と思われてかもしれませんが、結果で言えばイエレン議長が1位でコーン委員長が2位です。

この他には、元FRB理事のケビン・ウォーシュ氏が11.5%。スタンフォード大学のジョン・テーラー教授が11.3%となっています。

 

(アイキャッチ画像/著作者:archangel 12)

 

スポンサーリンク