テスラが量産型セダン『モデル3』を出荷。生産は「地獄」へ

スポンサーリンク

『モデル3』を30台出荷

7月28日、米電気自動車(EV)のテスラが量産型セダンの『モデル3』を初出荷しました。出荷台数は予定通りの30台。購入者は従業員だそうです。

 

事前予約は50万台

『モデル3』は今回初出荷された30台と、試験用に作られた20台があります。

事前に発表された生産台数によれば、8月には100台。9月には1500台になるとして、さらに年内12月までには2万台に引き上げる予定となっています。

テスラの新型で普及車『モデル3』の納期は7月28日
テスラ『モデル3』テスラの新型『モデル3』の納期が7月28日になるとイーロン・マスクCEOがツイートしました。7月28日の納期ではまず30人の顧客に対して引き渡しが行われ...

 

『モデル3』は2016年4月の段階での予約台数は37万3000台でしたが、この日行われた納入イベントでイーロン・マスクCEOは『モデル3』の事前予約が50万台を超えていると明らかにしました。

さらに初期段階は生産が「かなり大変」になることを指摘し、「少なくとも6カ月間は地獄のような日々になる」と語ったそうです。

『モデル3』の価格は3万5000ドルからとなっています。

1度のチャージでおよそ350キロメートルの走行が可能となっていますが、プラス9000ドル支払えば、およそ500キロメートル走行できる長距離用バッテリーにアップグレードできます。

 

スポンサーリンク