7月の米雇用統計は市場予想を上回る結果

スポンサーリンク

米雇用統計

米国の7月雇用統計は市場予想を上回りました。失業率は完全雇用に近い4.3%でした。

一方、注目の賃金は伸び悩んでいる状態です。

 

人材不足

4日に発表された米国の非農業部門雇用車数は市場予想の18万3000人を上回る20万9000人となりました。

失業率は4.3%と低水準の状態です。

FRBの一部の関係者は雇用統計について、プラス8万人あれば十分な水準としています。これは採用したい人材がいないという、人手不足の状態になりつつあります。

時間あたりの賃金は前年同月比で2.5%増でしたが、6月と同じ伸びでした。

 

FOMCの9月の利上げ確率は4日時点で16.0%となっています。

9月は利上げよりバランスシート縮小を開始し、利上げは見送り。年内もう一度利上げがあるとすれば12月となりそうです。

 

スポンサーリンク