「ダウの犬」でオススメはGE。2018年復活なるか

スポンサーリンク

ダウの犬

「ダウの犬」はシンプルな投資法です。

  • NYダウに採用されている30銘柄を配当利回りの高い順に並べます。その上位10銘柄へ均等に投資します。
  • 1年後に、同じように再度NYダウ採用銘柄の配当利回り上位10社をスクリーニング。その中に前年投資した銘柄で上位10社から外れた銘柄を売却。そして新規に上位10位に入った銘柄を買います。
  • これを1年ごとに同じように繰り返し銘柄の入れ替えを続けます。

 

バナナの叩き売り

2017年のNY市場は好調でした。多くの銘柄は値を上げましたが、一方でバナナの叩き売りのように売られた銘柄もありました。コングロマリッドのGEやアンダーアーマーなどがそれでした。

しかし今年叩き売られた銘柄は、来年大幅な上昇が見込めるのではと、一部のファンドマネージャーが買いを入れているようです。

ロイターによれば、ソラリス・グループの最高投資責任者、ティム・グリスキーがGE株を買い進めていると紹介しています。

現在GEは企業再編の真っただ中であり株価は今年45%も下落しています。しかしグリスキーは来年GEが再び成長軌道に乗るか、複数の企業の分割されると予想しています。

2016年に医薬品のバーテックスや遺伝子解析機器のイルミナの株価はアンダーパフォームしましたが今年は69%以上の反発をみせています。

アングル:出遅れた「ダウの犬」を買え
ゼネラル・エレクトリック(GE)やスポーツ衣料品のアンダーアーマーなど、今年の米株式市場で最も低迷した銘柄は、来年には大幅な上昇が見込めるかもしれない──。こ...

 

チャートはGEの2017年からの株価です。1株30ドル台から現在は17ドル台で推移しています。

 

スポンサーリンク