【IPO】リートは決まるも個別銘柄は追加なし

スポンサーリンク

2018年のIPOスタート

 

先週は『世紀』が新規で決まりましたが、その後の追加はありません。一応、リートでは『ザイマックス・リート投資法人』が決まっていますが、こちらでは取り上げていません。

 

2018年1月IPO

上場日 銘柄名 市場 BB期間 仮条件 公募価格 初値
2/8 世紀 東M 2018/1/23〜
2018/1/29

 

 

2018年期待のIPO銘柄

追加の銘柄がなかったので今回は2018年に期待のIPOを簡単に紹介します。すでに投資雑誌などでは話題になっていますが上場期待の銘柄をピックアップ。

 

ZMP

無人自動運転車として知られています。2016年に一度IPOしましたが直前になって取り下げました。2017年も上場観測がありましたが行われず。さまざまな分野の企業が参入している分野なのでそろそろIPOがありそうですね。

 

メルカリ

日本だけではなく海外でも展開しているフリマアプリを運営するメルカリ。すでに利用している人も多いと思います。日本初のユニコーン企業として成長しています。2017年に上場申請をしていましたが、諸々の事情で延期になったようです。

 

USJ

日本ではディズニーと同じように人気があるUSJ。2009年まで上場していましたが経営不振でMBOされました。何度も上場のうさわが流れては頓挫してきましたが上場に対しては前向きのようです。

 

ストライプインターナショナル

カジュアルファッション 「アース ミュージック&エコロジー」などを手掛けるアパレルブランドです。元々はクロスカンパニーという社名でした。こちらも上場のうわさが絶えません。

 

Sansan

名刺管理をクラウドで行うサービスを行っています。最近はCMがばんばん流れているので社名だけでも知っている人もいると思います。IPOすれば面白いかもしれません。

 

ビットフライヤー

日本で大手の仮想通貨取引所です。2017年は仮想通貨元年でしたが、2018年はさらに盛り上がる分野だと思います。ゴールドマン・サックスでエンジニアを務めた人物によって立ち上げられたベンチャー企業ですが仮想通貨市場の拡大によって上場も考えているようです。

 

スカイマーク

大手航空会社より安くチケットを販売して運行していた航空会社でしたが2015年3月1日に上場廃止となりました。キャビンアテンダントがミニスカートなど話題を呼びましたが経営不振が続いていました。現在は投資会社のインテグラルとANAが株式を保有しています。「5年以内に株式の再上場を目指す」としていますが、LCCなどの台頭でどうなのでしょうかね。

 

スポンサーリンク