スペースX『ファルコンヘビー』打ち上げ成功。テスラ車発進

スポンサーリンク

再利用ロケット

テスラのイーロン・マスクがCEOを勤めるスペースXが6日、ケネディ宇宙センターから『ファルコン・ヘビー』を打ち上げました。27個の巨大エンジンを持った世界最大のパワーのロケットは無事に宇宙に向かって飛びました。

ブースターは再利用するため地球に帰還します。

 

ロードスター搭載

ファルコン・ヘビーは発射台からリフトオフしたあと、大気圏を脱したところで両サイドのブースター2基が分離します。その分離したブースター2基は方向を変えロケット両脇にあるサイドブースター2基が分離、方向展開してスペースX専用の着陸パッドへと帰還。

さらに宇宙空間を進み、センターのブースターを分離。このブースターは大西洋上の無人船へと戻ります。

そして最大のイベントが、先端のフェアリングには赤いテスラ・ロードスターが搭載されていて、運転席には宇宙服を着て片手運転する『スターマン』がいます。このロードスターでスターマンが宇宙ドライブをするようです。

そんなにうまくいくのかと思いますが、ファルコン・ヘビーの予想アニメーションがあります。これが実現したらすごいな。

 

実際のファルコン・ヘビーのリフトオフの画像はこちらです。

 

そしてこれはデモ実験の映像だと思うのですが、実際の打ち上げでも2基のブースターは戻ってきたと報道されているので、こうなったみたいです(未確認ですが)。しかしスタッフの盛り上がり方がすごいな。

 

テスラ・ロードスターに乗ったスターマンも映像が観られます。

 

テスラ、すごいな。ていうか、マスク。

 

スポンサーリンク