【BTC/JPY】チャート。今後の展開はどうか

スポンサーリンク

BTC/JPYチャート

 

現在のBTC/JPYのチャートです。

調整後、反発をみせいていますが、今後の推移がどうなるかを考えてみます。

 

1時間足

下押し傾向です。

ボリンジャーバンド(BB)を見ると、ローソク足が21MAの下、-1σあたりで推移しています。赤い遅行スパンはローソク足の下にあります。ローソク足は雲に突入しています。

テクニカルのMACDは上昇後、横ばいです。

真ん中のRSIは下降して40%台です。

一番下のDMIは+D(赤線)<-D(緑線)。

これらのことから短い時間では上昇が抑えられるかもしれません。

 

4時間足

上昇後、上値を抑えられています。

ローソク足が21MA付近でサポートされていますが、ローソク足は雲の中です。赤い遅行スパンはローソク足の上で推移していますが下降気味です。さらに雲に抑えつけられるかもしれません。

テクニカルのMACDはクロス後上昇していますが、力が弱まっています。

真ん中のRSIは買われ過ぎとなる80%付近から下降しています。

一番下のDMIは-Dが+Dとクロスするか絡み合う展開です。

これらのことから雲を抜けるこができるか。できなければ雲のねじれ付近まで調整しそうです。

 

8時間足

上昇して推移していますが、雲が迫っています。

ローソク足が21MAの上、+1σ付近で推移しています。赤い遅行スパンはローソク足と絡み合っています。

テクニカルのMACDはクロスしはじめですが、だましかもしれません。

真ん中のRSIは60から70%付近です。

一番下のDMIは+D>-Dと上昇トレンドと見てとれます。

これらのことから上昇トレンドは継続と考えたいですが、目先の雲が気になところです。

 

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

 

スポンサーリンク