フォーブスが2018年の長者番付を発表

スポンサーリンク

フォーブス発表「ビリオネア」

 

今年もフォーブスからビリオネアの発表がありました。

例年、見慣れた顔ぶれが並んでいますが、今回はそのように順位が変化したのでしょうか。

 

1位から10位まで

1位:ジェフ・ベゾス(米国)

  • 1120億ドル
  • アマゾン・ドット・コム

 

とうとうジェフ・ベゾスが1位になりましたね。1位の座に君臨していたビル・ゲイツを抜きました。アマゾンの勢いを見ていれば時間の問題かと思っていましたがとうとう1位につきました。アマゾンの株価の上昇は続いていますからいつまで1位に君臨できるか楽しみですね。

 

2位:ビル・ゲイツ(米国)

  • 900億ドル
  • マイクロソフト

 

これまで1位にいたビル・ゲイツでしたが、とうとうジェフ・ベゾスにその座を明け渡しました。とはいえ2位ですから、今後はどうなるかわかりません。

 

3位:ウォーレン・バフェット(米国)

  • 840億ドル
  • バークシャー・ハサウェイ

 

「オハマの賢人」「投資の神様」バフェットが3位とこのへんも相変わらずの顔ぶれです。いまだその存在は圧倒的です。

 

4位:ベルナール・アルノー(フランス)

  • 720億ドル
  • LVMH

 

4位は一気にランクインしたベルナール・アルノーです。LVMHはモエヘネシー・ルイヴィトンのことで、お酒でよく知られているモエやドンペリなど。さらにファッションブランドのルイヴィトンやセリーヌ、ロエベなどのブランドを抱えています。

 

5位:マーク・ザッカーバーグ(米国)

  • 710億ドル
  • フェイスブック

 

言わずと知れたフェイスブックの創業者。2017年も5位でした。

 

6位:アマンシオ・オルテガ(スペイン)

  • 700億ドル
  • ザラ

 

アパレルブランドのZARAの創業者です。2017年は4位でした。

 

7位:カルロス・スリム・ヘル(メキシコ)

  • 671億ドル
  • 通信事業、実業家

 

あまり日本では知られていませんが、長者番付では常連です。何度かビル・ゲイツを抜いて1位にもなったことがある人物です。

 

8位:チャールズ・コーク(米国)

  • 600億ドル
  • 複合事業、コーク・インダストリーズ

 

非上場企業ですが番付の常連です。日本ではあまり知られていませんが、アメリカの真の支配者などと言われています。コークは四兄弟でチャールズは次男です。

 

8位:デービッド・コーク(米国)

  • 600億ドル
  • 複合事業、コーク・インダストリーズ

 

こちらはコーク兄弟の三男です。

 

10位:ラリー・エリソン(米国)

  • 585億ドル
  • ソフトウエア事業

 

こちらも常連です。ソフトウエアのオラクルの共同設立者です。

 

スポンサーリンク