【IPO】2018年初値上昇率トップは『HEROZ』

スポンサーリンク

史上初

新年を迎え海外市場は2日から営業がはじまりますが、日本市場は本日4日からです。そして早々日経は海外に引きずられるように大幅下落で終了。

2018年は10月から市場全体に調整が目立ち、株価は下落、ドル円も円高傾向になっています。この流れは2019年も続きそうです。

日本のIPOに関しては個別株ではありませんが、2月13日にリートとインフラの投資法人の上場が決まっています。

2018年に上場した個別株は史上初がありました。4月20日に上場した『HEROZ』の公募価格は4500円でしたが、初値は49000円とその上昇率はおよそ990%とほぼテンバガーとなりました。

『HEROZ』はAIプログラムのポナンザが導入されたスマホの将棋アプリ『将棋ウォーズ』を展開しています。AIと将棋というまさに旬のテーマで初値が高騰しました。『HEROZ』の初値はブックビルディング制度が導入されて以来の最高値の初値となり史上初となりました。

2018年のIPO(新規公開株)【初値上昇率】ベスト50! <新春特別企画 第3弾> | 市況 - 株探ニュース
―初値上昇率最大は11倍、AI・IT関連株に人気が集中― 18年に国内の取引所に新規上場した企...

 

さて、2019年はどのような注目銘柄のIPOがあるのでしょうか。

 

スポンサーリンク