楽天のハッピープログラムはVIP以上がお得

スポンサーリンク

条件は残高か取引件数

 

楽天銀行のサービスはお得なことがたくさんあります。

その一つとして楽天証券と楽天銀行間で自動で資金残高を移動するマネーブリッジを設定し、スイープを利用することで金利が大手銀の100倍の0.1%にすることができます。

関連記事:楽天銀行で円普通貯金金利は大手銀100倍の0.10%へ

楽天を使い倒す ほんの少し前までは投資なんて身近ではなかったですが、ここ最近は投資といってもさまざまな商品があり、とくに目立ってきているのはポイント投資...

 

今回はネット銀行ではネックとなる月の利用手数料。これをできるだけ無料にする条件をクリアしてお得に楽天銀行を使い倒したいと思います。

 

VIP以上を目指す

楽天銀行はハッピープログラムというサービスがあり、条件によって毎月のATM利用手数料や他行振込手数料を無料にすることができます。

 

さらにそのランクによっては楽天のスーパーポイントの獲得倍率が最高3倍になるという、普段から楽天を利用している人にとってはさらにお得なサービスが待っています。

 

上の画像を見てもらえればわかるように、ハッピープログラムのランクは5段階に別れています。

一番下のベーシックはエントリーだけで手数料無料サービスはなく、楽天スーパーポイントも1倍です。

ランク決定日に残高300万以上、または月の取引30回以上でランクはスーパーVIPとなり、ATM利用手数料が月に7回。他行振込は月に3回無料となります。さらに楽天スーパーポイントは最高の3倍となります。

しかしここであることに気がつきます。

最高ランクのスーパーVIPとその下のVIPのちがいはATMの利用回数が7回か5回かです。楽天スーパーポイントはどちらも3倍です。

スーパーVIPの条件は月の残高300万以上、または月の取引30回以上。

これに対してVIPの条件は月の残高100万以上、または月の取引20回以上。

利用する人の考えにもよりますがコストパフォーマンスがいいのはVIPではないでしょうか。

わたしの利用ではVIPで十分なのでVIPを目指します。

 

VIPは取引件数20件

ハッピープログラムのVIPを目指しますが、その条件は、

【月の残高100万以上、または月の取引20回以上】

となっています。

ランク決定日に残高100万を入れておけばいいのですが、わたしは一カ月の間にいろいろと資金移動を繰り返しているので残高での条件クリアではなく、取引件数20件で条件クリアを目指します。

とはいっても取引20件も簡単ではありません。手数料無料回数も限られているので、20件の取引では手数料が必要になります。

そこで利用するのが楽天証券の100円投信です。

 

100円投信とはそのままで、投資信託を100円分だけ購入することです。

以前は最低1000円からの投資でしたが、今は100円というワンコインから投資ができます。これだと投資に不安な人や不慣れな人でも気軽にはじめられると思います。

わたしは投資信託自体あまり好みではないのですが、今回は楽天のサービスがお得なことばかりなのでランククリアのため取引件数を稼ぎます。

条件クリアのための取引件数ですがVIPで20件以上です。

100円で投信を20本購入すれば条件クリアなのですが、本来なら個人的に投資信託は投資したくないので、少しでも本数を減らすためにまず15本の投信を購入します。そして残りの件数はATM利用や他行への資金移動で5件以上をこなすつもりです。これで月の取引20件はクリアできそうです。

関連記事:楽天証券を使い100円で投資信託購入

100円投信 投資をはじめようと思っている人も、はじめから大きなリスクを取りたくないという人にも、100円から購入できる投資信託は魅力的です。100円といっても投...

 

購入には注意が必要

ここで購入には注意が必要です。

この100円投信の購入は証券会社に入れている資金を使って購入するのではなく、楽天銀行に預けている資金をスイープで自動的に証券で買い付けするようにします。これで楽天銀行での取引件数がカウントされます。

また取引は26日から翌月の25日までの間で行います。条件をクリアすれば翌月からランクが適用されます。

 

投信15本をきめる

投資に不慣れな人には投信を15本も決めるのは大変かもしれません。

ただ、100円で20本購入しても2000円です。

わたしの場合は100円で15本に投資しても合計で1500円。毎月1500円の積み立てを行っていく予定で、そこまで神経質に投信を選ぶ必要もないのかもしれません。

ただわたしは選びました。こだわりがあるので数本ずついくつかのグループに分けて設定しました。以下がそのグループ分けです。

  1. 全世界株式:5本
  2. 先進国株式:5本
  3. 米国株式:3本
  4. 国内株式:1本
  5. 新興国(ベトナム)株式:1本

5グループ、合計15本。ほぼインデックス型で、すべて再投資としました(購入日を分けているので後日購入した投信の詳細を報告します)。

本当は全世界、先進国、米国のインデックスだけで固めようと思ったのですが、なんとなく日本株式と新興国株式も一本ずつ購入を決めました。毎月100円なので。

これで26日から翌月25日までに20件の取引をこなせばランクはVIPとなります。

投資額自体少ないので損益の変動はあまり期待でしませんが、目的が楽天銀行をお得に使うことなのでそのあたりは気にしませんが、報告はしていきたいと思います。

関連記事:【楽天証券100円投信】購入した15本の紹介と推移

+24円 楽天証券では100円から投資信託を購入することができます。わたしは楽天のサービスをお得に使うために、楽天銀行と楽天証券をマネーブリッジで繋げて、スイ...

 

関連記事:楽天銀行で円普通貯金金利は大手銀100倍の0.10%へ

楽天を使い倒す ほんの少し前までは投資なんて身近ではなかったですが、ここ最近は投資といってもさまざまな商品があり、とくに目立ってきているのはポイント投資...

 

スポンサーリンク