楽天証券を使い100円で投資信託購入

スポンサーリンク

100円投信

 

投資をはじめようと思っている人も、はじめから大きなリスクを取りたくないという人にも、100円から購入できる投資信託は魅力的です。

100円といっても投資は投資なので、得をすることもあれば損をすることもあります。しかし投資しているお金が一気にゼロになることはほぼないですし、損をしても絶望する額ではないので、勉強として100円投信の購入はいいと思います。

楽天証券では投資信託を100円から購入することができます。しかしただ証券会社から購入するのではなく、せっかく購入するなら楽天のサービスをフルで活用しましょう。

 

楽天活用

まずは楽天銀行です。

楽天銀行はネット銀行になりますが、ある条件をクリアすることでATM手数料を最大7回まで無料にできたり、楽天スーパーポイントを最大3倍にできたり、さらに金利を大手銀の100倍の0.10%にまであげることができます。

金利を0.10%にするためには楽天銀行と楽天証券の間で自動で資金を移動できるスイープ設定をします。

関連記事:楽天銀行で普通貯金金利は大手銀100倍の0.10%へ

楽天を使い倒す ほんの少し前までは投資なんて身近ではなかったですが、ここ最近は投資といってもさまざまな商品があり、とくに目立ってきているのはポイント投資...

 

もう一つはハッピープログラムです。

ハッピープログラムは月の取引実績に応じて5段階のランクが決定します。最高のスーパーVIPになるとATM取引手数料が月7回。他行振込が3回無料になります。さらに楽天でを使う人にはうれしい楽天スーパーポイントが3倍とお得なサービスです。このハッピープログラムの取引件数は設定次第で100円投信もカウントされるので、これで件数を稼ぐことができます。実際わたしもこれで件数をこなしています。

関連記事:楽天のハッピープログラムはVIP以上がお得

条件は残高か取引件数 楽天銀行のサービスはお得なことがたくさんあります。その一つとして楽天証券と楽天銀行間で自動で資金残高を移動するマネーブリッジを設定...

 

投信購入

楽天銀行のページからでも証券会社のページへ飛ぶことができます。

楽天証券のカテゴリーから『投信』を選びます。そこから『投信スーパーサーチ』で購入したい投信を選びます。

選んだ投信の情報が表示され、右側に注文方法のボタンがあります。

一回の注文は『通常注文』。毎月自動的に積み立てるなら『積立注文』を選びます。

 

画面が変わり購入方法が表示されるので、ここで『証券口座』を選びます。

「えっ! 楽天銀行じゃないの?」と思われるかもしれませんが、『証券口座』とすることで取引件数がカウントされるのです。

右側の説明枠に書かれているように、あらかじめ「スイープ」設定しておくことで、証券口座にお金がなくても自動的に銀行から資金が移動します。これが取引件数には必要な設定です。

積立指定日を決めて、積立金額を100円します。

ちなみに投資信託の購入は月初から中旬ぐらいに設定するといいです。土日祝日などを挟むと買い付けまで日にちが延びてしまうので注意してください。

また、この楽天銀行の即時入金サービスは一日あたり15件までの取引にポイント付与、および取引件数のカウントが対象となるので、分けて購入したほうがいいです。

 

最後に目論見書を閲覧して『注文内容確認へ』をクリックすれば、あとは購入で完了です。

これを、自らが目指したいハッピープログラムのランクに必要な分だけ取引すれば、翌月は目当てのランクになります。

ちなみにわたしはVIPを目指し100円投信の購入は15本とします。その利用はこちらで確認できます。

関連記事:楽天のハッピープログラムはVIP以上がお得

条件は残高か取引件数 楽天銀行のサービスはお得なことがたくさんあります。その一つとして楽天証券と楽天銀行間で自動で資金残高を移動するマネーブリッジを設定...

 

実際に楽天銀行からスイープされて楽天証券で100円投信が購入された取引履歴画像が下のようになります。

このように100円で引き落としとなり、一取引に対して楽天スーパーポイントも付与されます。わたしは先月の時点でプレミアムになっているので2倍の2ポイントとなっています。

購入した投信は別の記事でお伝えします。

関連記事:【楽天証券100円投信】購入した15本の紹介と推移

+24円 楽天証券では100円から投資信託を購入することができます。わたしは楽天のサービスをお得に使うために、楽天銀行と楽天証券をマネーブリッジで繋げて、スイ...

 

スポンサーリンク