NEWS

NEWS

チョコレートの町ハーシーはモンデリーズの230億ドルを蹴った

2016年6月、モンデリーズはチョコレート大手のザ・ハーシー・カンパニーに買収を提案しましたが、ハーシーは全会一致でこの提案を拒否しました。アメリカのスナック菓子大手モンデリーズ・インターナショナルがチョコレート大手のザ・ハーシー・カンパニーに買収を提案したことがわかったのは2016年6月でした。

NEWS

アマゾン(Amazon)が労働環境を改善。労働者と企業側の合意か

日本でもここ最近、会社のために人生を捧げるような働き方が問題になっています。「社蓄」「全人格労働」などの言葉も生まれています。8月27日のAFPによると、「殺人的」な職場環境を培っているとして批判されてきた小売り大手のアマゾンが、週30時間労働を試験的に導入すると、ワシントン・ポストが報じました。

NEWS

ファイザーが140億ドルでバイオ医薬品会社メディべーションを買収

ファイザーが動きました。アイルランドの製薬会社アラガンの買収を中止してからその動向が注目されていましたが、米バイオ医薬品会社メディべーションの買収が発表されました。8月22日、製薬会社のファイザーはアメリカのバイオ医薬品会社メディべーションをおよそ140億ドルで買収すると発表しました。

NEWS

ウーバー(Uber)が買収した長距離トラック自動運転化の米オットー(Otto)

自動運転はもう未来の出来事ではありません。すぐにでも現実になりつつあります。アメリカの配車サービスのウーバー(Uber)は、2016年サンフランシスコで創業したスタートアップ企業のオットー(Otto)を買収すると発表しました。オットーとは大型トラックの自動運転装置を開発している企業です。

NEWS

カリスマ投資家は弱気ポジション。「ソロスもアメリカ売りだってよ」

投資家たちの警鐘か。先日、新旧の債券王、ビル・グロスとジェフリー・ガンドラックが今後の市場に対して弱きであることを伝えました。ビル・グロスは、「この環境下では債券や株式への投資は好ましくない」として、ジェフリー・ガンドラックは、「全てを売れ。良さそうなことは何もない」と伝えました。

NEWS

アマゾン(Amazon)独自輸送ネットワーク構築。貨物機40機を運用予定

まさに『アマゾン帝国』。アマゾンはどこまでいくのでしょうか。世の中アマゾンがあればほとんどのことは事足りるようになってしまいそうです。大手インターネット小売企業のアマゾン(Amazon)は、配送を強化するため独自で航空輸送ネットワークを構築。ジェット貨物機40機をリース発注するようです。

NEWS

アプリでTVを観る時代。ライブ配信に力を入れるツイッターがアップルと協議か。

ツイッターとアップルがタッグ?8月14日にNew York Timesが報じたニュースによれば、ライブストリーミングに力を入れているツイッターが、アップルTVにツイッターアプリを導入する協議をアップルと交渉しているということです。このニュースを受けて15日のニューヨーク市場でツイッター株は7%上昇しました。

NEWS

ディズニー『ジャングル・ブック』好調もESPNは契約者減。BAM株取得を発表

米ウォルト・ディズニー(DIS)が第3・四半期の決算を発表しました。決算内容は、利益、売上高ともに市場予想を上回りましたが、ESPNの契約者数は減少しました。今回の決算とともに発表されたのが、アメリカ大リーグ(MBL)が設立した動画配信会社BAMテックに10億ドルを出資し株式約33%を取得したことです。

NEWS

アラガンの300億ドル以上のキャッシュの行方。バイオジェンの買収ではないのか

アラガンはキャッシュをどう使う。ジェネリックといえば、日本では沢井製薬や日医工などですが、世界ではイスラエルのテバ・ファーマシューティカル・インダストリーズです。テバはアラガンが保有するジェネリック部門を405億ドルで買収すると発表しました。このキャッシュの使い道が注目されています。