WordPress移行でおすすめなレンタルサーバー5選

こんにちはMayです。

今回はWordPressへの移行や引っ越しで必要なレンタルサーバーを5つを紹介します。

 のアイコン画像 

レンタルサーバーてどこがいいのかな?

各社が用意しているサーバーにもさまざまな特徴やプランがあるので自分に合うものを選んでください。

わたしが使っているのは『エックスサーバー』です。今回の記事内でも紹介しています。

実際に使っていて不満はありません。おすすめのサーバーです。

ちなみにこの記事はわたしが書いています。

スポンサーリンク

目次

WordPress移行で必要なサーバーとは

サーバーの紹介の前に少しだけサーバーのことなど書くので必要ない方は飛ばしちゃってください。

サーバーとは、インターネットでブログやウェブページを公開するために必要となるものです。

公開するためにはドメインというものも併せて必要になります。

簡単に言うと、居住するためにマンションの一室を借り(サーバー)、友人が訪れたり手紙が届くように住所(ドメイン)を知らせる必要がある。こんな感じでしょうか。

基本的にサーバーやドメインは料金を払って一定期間借りられますが、使い続ける場合は契約更新が必要です

サーバーはマンションの一室を借りる賃貸のようなものと説明しましたが、ある程度は部屋のデザインを変えられます。

WordPressはそういったデザイン変更が得意です。

無料でデザイン変更も可能ですが、有料版もあり、無料にはない機能なども用意されています。

無料ブログと言われているはてなブログやアメーバブログはWordPressほど自由度がありません。

大きな建物で共同生活をするシェアハウスのような感じです。

WordPressとは

WordPressとは、オープンソースのブログソフトのことで、簡単に言えばブログを書くための道具と思ってもらえればいいです(ホームページなども作れます)。

この記事を読んでいる人の中には、はてなブログやアメーバブログを使ってブログ記事を書いている方もいると思います。

しかしWordPressは世界中で使われているので、最終的にWordPressに移行してくる人も多いです。

WordPressへの移行・引っ越しで必要なもの

WordPressへの移行・引っ越しをするうえで必要になるのが、

  • ドメインの取得
  • サーバーの契約
  • WordPressのインストール

主にこの三つです。

こういったことがわからない、面倒、ということでWordPressをあきらめる人は少なくありません。

ですが最近は、サーバー契約と同時にドメインを取得できたり、WordPressを簡単にインストールできたりと、以前よりわかりやすくなっています。

今回の記事はサーバーについての内容なのでこれから紹介していきます。

主なレンタルサーバー

いくつかレンタルサーバーはありますが、主なものをあげておきます。

主なレンタルサーバー
  • mixhost
  • ヘムテル
  • お名前.com
  • さくらレンタルサーバー
  • ロリポップ!
  • ConoHa WING
  • エックスサーバー

わたしはエックスサーバーを使用していますが、最近調べていいなと思うサーバーもあったのでエックスサーバーも含めて5つ紹介します。

性能面や料金プランにちがいがあり、今回の内容から変更されることもあるので契約する際はあらためて確認してください。

おすすめサーバー5選

mixhost

mixhost

アズポケットが運営するmixhostです。

  • アフィリエイター&ブロガー満足度:1位
  • アクセス処理速度満足度:1位
  • 表示スピード満足度:1位

満足度調査で3冠を獲得したレンタルサーバーです(2019年7月期:日本マーケティングリサーチ機構調べ)。

利用者から高評価を得ているサーバーの一つです。

おすすめポイント

mixhostは表示速度高速をうたっています。

日本ではじめてLiteSpeedを採用しており、Apacheよりも静的コンテンツで最大9倍高速と紹介されています。

表示速度が0.1秒遅くなると売上げが1%現象すると言われていますから、表示速度の重要性がわかります。

またWordPressを90秒でスタートできるクイックスタートも売りの一つです。

主なメリット・デメリット

メリットデメリット
表示速度が高速初心者にはサーバー設定が多少難しい
90秒でWordPressクイックスタート電話サポートがない
月の途中でもプラン変更可
契約プランにより880円/月
どのプランでも初期費用が無料
返金保証

mixhostのスペック

運営会社アズポケット株式会社
おすすめプランプレミアム
初期費用無料
1年契約の費用1,980円/月
(プレミアム以上で初回の支払い半額890円)
WordPressの設定方法クイックスタート機能
サービスのポイント満足度調査3冠
(2019年7月期日本マーケティングリサーチ機構調べ)
WebサーバーソフトウェアLiteSpeed
ディスクの種類SSD
ディスクの容量350GB
転送容量制限5.5TB/月
無料SSL
マルチドメイン(上限)無制限
データベース(MySQL)の個数(上限)無制限
自動バックアップ
FTPアカウント
プラン変更即時プラン変更可
サポートサービスメール
無料お試し期間30日間返金保証
公式ホームページmixhost

mixhostの詳細はmixhostで確認できます。

さくらレンタルサーバー

さくらインターネット

さくらインターネット株式会社が運営するさくらレンタルサーバーです。

国内では歴史が長く、実績があるレンタルサーバーとして知られています。

特徴はサーバーの容量に応じて自由にプランを選べる点です。

おすすめポイント

例えば容量100GBのスタンダードプランであれば524円/月で使用できます。

これを容量10GBのライトプランにすると131円/月と格安になります。

またモリサワWebフォントから選ばれた33書体が使用できます

主なメリット・デメリット

メリットデメリット
月額131円のプランがあるディスクがHDD(データベースはSDD)
運用実績が長いFTPアカウントが1つ
テスト環境からそのまま本番サーバーへプラン変更不可
24時間有人監視

さくらレンタルサーバーのスペック

運営会社さくらインターネット株式会社
おすすめプランスタンダードプラン
初期費用1,048円
1年契約の費用524円/月
WordPressの設定方法WordPress簡単インストール
サービスのポイントコースが豊富で月額131円のプランも
Webサーバーソフトウェアnginx
ディスクの種類HDD(データベースサーバーはSSD)
ディスクの容量100GB
転送容量制限80GB/日
無料SSL
マルチドメイン(上限)100個
データベース(MySQL)の個数(上限)20個
自動バックアップ
FTPアカウント1
プラン変更不可
サポートサービス電話、メール
無料お試し期間2週間
公式ホームページさくらインターネット

詳細はさくらインターネットで確認できます。

ロリポップ!

ロリポップ!

GMOペポバが運営するロリポップ!です。

これまでに200万サイト以上での利用実績があり人気の高さがうかがえます。

またmixhostに負けず、WordPressを60秒で設置可能で、すぐに使用することができます。

おすすめポイント

ロリポップ!アクセラレータというロリポップ!オリジナルの機能があり、サイトへアクセスが集中しても表示を安定させるだけでなく、パフォーマンスを向上させることができる機能です。

また同じくGMOペポバが運営するムームードメインとの連携でドメイン取得とWordPressの設定が同時に行えるなど利便性があります。

メリット・デメリット

メリットデメリット
月額100円のプランがある FTPアカウントが1つ
60秒でWordPressクイックスタートバックアップ機能が有料(300円)
オリジナル機能ロリポップ!アクセラレータ
プラン変更可
24時間有人監視

ロリポップ!のスペック

運営会社GMOペパボ株式会社
おすすめプランスタンダードプラン
初期費用1,500円
1年契約の費用500円〜(税抜き)/月
WordPressの設定方法WordPress簡単インストール
サービスのポイント利用実績200万サイト以上
WebサーバーソフトウェアApache2.4系
ディスクの種類SSD
ディスクの容量120GB
転送容量制限150GB/月
無料SSL
マルチドメイン(上限)200個
データベース(MySQL)の個数(上限)50個
自動バックアップ○(オプション月額300円)
FTPアカウント1
プラン変更可能
サポートサービス電話、メール
無料お試し期間10日間
公式ホームページロリポップ!

詳細はロリポップ!で確認できます。

ConoHa WING

ConoHa WING

GMOインターネット株式会社が運営するConoHaWINGです。

2018年にサービスを開始した新しいサーバーです。

それにもかかわらず

  • アフィリエイター&ブロガーが使いたいサーバー:1位
  • WordPress利用者満足度:1位
  • サポートデスク対応満足度:1位

これらの部門で3冠を獲得したレンタルサーバーです(2020年2月期:日本マーケティングリサーチ機構調べ)。

おすすめポイント

国内レンタルサーバーのWebサーバー処理速度調査で、ConoHaWINGの処理速度が最も速く、2位に約2倍の差をつけて第1位という結果が出たとホームページには書かれていることからかなりの自信がうかがえます。

さらにレンタルサーバーでは珍しい時間課金制という料金システムになっています。

これで途中解約でもお金が無駄になることはありません

また初心者の人でもWordPressを簡単にインストールできる機能や、ドメインとサーバーがセットになってお得なWINGパックというものも用意されています。

メリット・デメリット

メリットデメリット
サーバー処理速度最速他サーバーからの移行は不具合報告も
WordPress簡単インストール
プランによって800円/月
プラン変更可
時間課金制
バックアップの復旧が無料

ConoHaWINGのスペック

運営会社GMOインターネット株式会社
おすすめプランベーシックプラン(WINGパック)
初期費用無料
1年契約の費用900円/月
WordPressの設定方法WordPress簡単インストール
サービスのポイントサーバー処理速度が高速。利用者の満足度も高い
WebサーバーソフトウェアApache+nginx
ディスクの種類SSD
ディスクの容量250GB
転送容量制限4.5TB/月
無料SSL
マルチドメイン(上限)無制限
データベース(MySQL)の個数(上限)無制限
自動バックアップ
FTPアカウント無制限
プラン変更可能
サポートサービス電話、メール
無料お試し期間初回申込月無料
公式ホームページConoHa WING

詳細はConoHa WING確認できます。

エックスサーバー

エックスサーバー

エックスサーバー株式会社が運営しているエックスサーバーです。

わたしはエックスサーバーを使用していますが、これまでのところ問題なく使えています。

レンタルサーバーとしては超有名で、高性能で安定していることから多くの人が利用してます。

おすすめポイント

調査では国内シェアNo.1、サーバー速度No.1を誇るハイスペックサーバーとされています(2020年5月時点dataprovider.com調べ)。

プランによっては月額900円で使用でき、WordPressも簡単にインストールできます。

またサーバー契約と同時にドメインも取得でき、現在は9月3日までドメイン永久無料と12カ月以上の契約で初期設置費の3,000円が無料になるキャンペーンを実施しています

メリット・デメリット

メリットデメリット
レンタルサーバーとして人気初期費用がかかる
国内シェアNo.1バックアップの復旧は有料
WordPress簡単インストール
プラン変更可
24時間サーバー監視
サポートが早いと評判

エックスサーバーのスペック

運営会社エックスサーバー株式会社
おすすめプランX10プラン
初期費用3,000円
1年契約の費用1000円/月
WordPressの設定方法WordPress簡単インストール
サービスのポイント高性能で安定した環境
Webサーバーソフトウェアnginx
ディスクの種類SSD
ディスクの容量200GB
転送容量制限150GB/日
無料SSL
マルチドメイン(上限)無制限
データベース(MySQL)の個数(上限)無制限
自動バックアップ
FTPアカウント無制限
プラン変更可能
サポートサービス電話、メール
返金保証なし
公式ホームページエックスサーバー

詳細はエックスサーバーで確認できます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は主要な5つのサーバーを紹介しました。

各社それぞれの特徴があることがわかります。

選ぶ基準として性能を重視する人。安さを重視する人。それぞれでちがうと思います。

わたしがアドバイスするなら、トラブルがなく、安定していて、万が一のときのサポートがしっかりしているサーバーがいいと思います

WordPressやブログなどで問題が起きても、ネットで検索すればある程度は初心者の人でもトラブルは解決できます。

しかしサーバーでトラブルが起きると初心者の人ではなかなか解決ができません。

サーバーの管理画面は馴染みのないものが並んでいたり、正直よくわからないことがほとんどです。

プラン料金が安いのはいいことなのですが、安すぎてトラブルが多いのでは困ります。

長く使うのであれば少し料金が高くてもサーバーが安定していてサポートもしっかりしている方がいいと思います。

そういう視点でサーバーを選んでみてはいかがでしょうか。

最後に5つのサーバーを簡単にまとめます。

おすすめサーバー5社まとめ

機能・性能面を重視

コストパフォーマンスを重視

サーバーは安さよりも安定感。トラブルの少なさ。そしてサポート体制の充実で選ぶ

なお今回紹介した各社のサーバーの機能や性能面、価格などは変更されることがあります

最新の情報はホームページなどでご確認ください。

では今日はこのへんで。

WordPressテーマ『swell』の記事も書いています。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる